室生ダムで釣獲調査!「第4回室生ダムわかさぎオープン!2023」開催。釣り体験教室や「水辺感謝の日」清掃も

ニュース
「第4回室生ダムわかさぎオープン!2023」の集合写真
       

11月19日、奈良県宇陀市にある室生(むろう)ダムで、公益財団法人日本釣振興会奈良県支部主催の「第4回室生ダムわかさぎオープン!2023」が開催された。

このイベントは釣獲調査の釣り大会と、ワカサギ釣り体験教室、さらに水辺感謝の日の清掃と盛りだくさんの内容となっている。

室生ダムでは、2021年度よりワカサギが漁業権魚種に認定され、以後は放流による資源管理や、安全に釣りが楽しめる漁場の整備を進め、ワカサギ釣りファンを増やす努力を行ってきた。その一環として日本釣振興会奈良県支部と協力し、わかさぎオープンの開催や釣り体験教室を行ってきた。

室生ダムに多くの参加者が集合。気になる釣果は…?

室生ダム
毎年ワカサギ釣りファンで賑わう室生ダム

今年もワカサギの解禁日である11月1日から間もない、11月19日にイベントが開催された。大会前日は雪も降るなど荒天となったが、当日は冷え込みがあるものの、快晴の下、イベントが開催された。

今回のわかさぎオープンでは、釣獲調査釣り大会に55名が参加。その内、釣り体験教室の参加者が43名(大人26名、子供17名)。水辺感謝の日として行われた釣り場清掃には65名が参加した。

イベントの後援は宇陀市、協力はJOFI奈良、室生釣り倶楽部、室生ダム釣り管理事務所、ヒューマンアカデミーフィッシングカレッジ等。

開会式は午前7時頃より行われ、日本釣振興会奈良県支部の窪支部長や室生ダム漁協管理人の平崎氏よりそれぞれ挨拶が行われた。

日本釣振興会奈良県支部の窪支部長
日本釣振興会奈良県支部の窪支部長
室生ダム漁協管理人の平崎氏
室生ダム漁協管理人の平崎氏

挨拶ではワカサギの釣果は厳しいが、モロコが釣れている事や、自然の釣り場なので足下に十分注意する事やライフジャケットを着用する事など、安全対策の注意が行われた。その後、大会の参加者はそれぞれのポイントに移動した。

家族で釣り体験!ジャンケン大会も大盛り上がり

午前9時からは、ワカサギ釣り体験教室が行われた。JOFI奈良やフィッシングカレッジの生徒等が講師となり、道具類も用意され、それぞれ参加者を釣り場に誘導し、釣り方を教えた。

「第4回室生ダムわかさぎオープン!2023」の様子
スタッフのサポートの下、家族でワカサギ釣りを体験

大会前日に急激に冷え込んだ影響もあってか、当日はワカサギの釣果はなかった。しかし、モロコやハスなどが釣れて参加者を楽しませていた。釣獲調査という事もあり、釣れたポイントなども用紙に記入し、提出された。

本命ではないものの、ウキがピクっと反応し、アワセるなど、参加者も講師に釣り方を教わりながら釣りを楽しんでいた。検量時間には、多くの魚が持ち込まれていた。

「第4回室生ダムわかさぎオープン!2023」の釣果
モロコやハスが釣れた
「第4回室生ダムわかさぎオープン!2023」の釣果
釣れた魚を計測

表彰式は午後1時頃から始まった。集計の時間を利用してジャンケン大会も行われた。豪華な賞品も用意されており、盛り上がっていた。その後、各賞の入賞者が発表され、イベントは終了した。

「第4回室生ダムわかさぎオープン!2023」のジャンケン大会
ジャンケン大会も盛り上がった

イベント後も引き続き釣りを楽しむ参加者も多かった。室生ダムのワカサギ釣りは、これから本番を迎え釣果も良くなっていきそうだ。

「第4回室生ダムわかさぎオープン!2023」の清掃活動の様子
「水辺感謝の日」の清掃も同時に行われた

大会結果(敬称略)

「第4回室生ダムわかさぎオープン!2023」のトロフィー贈呈の様子
入賞者にはトロフィーや賞品などが贈呈された

モロコの部(一般)
優勝:牧野貞彦
2位:並河誠志郎
3位:小島春佑

モロコの部(ジュニア)
優勝:麻田悠陽
2位:麻田実礼

特別賞(淡水魚数釣り)
雲川絢加

関連記事
【第9回】室生ダム(奈良県)に見る漁場管理のアウトソーシング

関連記事

平磯海づり公園で親子釣り教室開催!地場産業と釣りの楽しさを地域の人にもPR【兵庫県釣針協同組合】

【がまかつ】「がま磯 タルカゴ スペシャル」1日中振り続けても疲れ知らずな軽快ロッド

【アサヒレジャー】長良川支流・栗栖川を中心にアマゴ稚魚放流。地元小学生も参加

【オーナーばり】「撃投 機動バッグ2」頑丈、軽量、大容量の大型ルアー収納ケース

【モーリス】「VARIVAS・New Era 59FIFTY Dog Ear VAC-62」人気のニューエラのヘッドウエアをベースにしたバリバスモデル

【マルキユー】「マダイストロング」驚異的なエサ持ちでエサ取りが多くても怖くない!

「釣ったアユ、買い取ります!」入間漁協がアユの買い取り事業開始。アユイングも解禁、漁協活性化図る

ハヤブサ創業60周年記念 インスタフォトコンキャンペーン