子供達が海岸清掃&稚魚放流!「荒崎クリーンフェスタ2023秋」開催。「大きく育ってね!」と想いを込めて…

ニュース
「荒崎クリーンフェスタ2023秋」の集合写真
                     

10月8日(日)、「荒崎クリーンフェスタ2023秋」が、「水辺感謝の日」の清掃イベントとして、荒崎海岸「なんやの浜」で開催された。

このイベントは、公益財団法人日本釣振興会神奈川県支部と、地元長井の「WAFA(地域の未来を考える会)」の共催で、毎年10月に開催されている。

当日は季節が一変し、北よりの風が強く吹く肌寒い中、約50名の家族連れが参加。なんやの浜でビーチクリーンを行った後、カサゴの稚魚放流を体験した。

この日のなんやの浜には、普段より多くの漂着ゴミが見られたが、参加者の手により、短時間でほぼ拾い切る事が出来た。

「荒崎クリーンフェスタ2023秋」の清掃活動の様子
清掃活動の様子。参加者で協力し、多くのゴミを回収

清掃後は稚魚放流!カサゴの子供1000尾が大海原へ

カサゴの稚魚放流では、バケツに小分けにされた約1000尾、体長60㎜前後に育った稚魚を放流。海辺に置かれた「滑り台」から、海へと放たれた。

「荒崎クリーンフェスタ2023秋」の放流活動の様子
まずは、バケツリレーの要領で海岸まで稚魚を運搬
「荒崎クリーンフェスタ2023秋」の放流活動の様子
滑り台まで稚魚を次々に運搬していく
「荒崎クリーンフェスタ2023秋」の放流活動の様子
子供達の手により、滑り台から放流!
「荒崎クリーンフェスタ2023秋」の放流活動の様子
お魚さんいってらっしゃい!

参加した子供たちも、それぞれに「大きく育ってね!」と願いを込め、次々と放流を行った。向かい風と波で、時折砂浜に打ち上げられてしまう稚魚も、1尾1尾沖へと追いやる様子からも、子供達の想いが感じられる活動となった。

「荒崎クリーンフェスタ2023秋」の放流活動の様子
活動は終始賑やかな様子
「荒崎クリーンフェスタ2023秋」の放流活動の様子
子供達の教育にとっても良い活動となっていた
「荒崎クリーンフェスタ2023秋」で放流された稚魚
放流されたカサゴ

【提供:日本釣振興会神奈川県支部・編集:釣具新聞】

関連記事

大抽選会も開催!フィッシングショーOSAKA「がまかつ」ブース情報。ステージイベントやうきまろコーナーにも注目

釣りフェス「メインステージ」も見逃せない!有名アングラーや釣り好き芸能人が登壇。トークショーなど多彩なプログラム

約80社のメーカーが出展!「ジギングフェスティバル」大阪市・ハナミズキホールで開催。会場マップ・出展社一覧を公開

【高階救命器具】「ブルーストーム 膨脹式ライフジャケット(水感知機能付き) BSJ-8320RS」サスペンダータイプの救命胴衣

【日本釣振興会岐阜県支部】山県市の神崎川にアマゴの発眼卵約5万粒を埋設

【明邦化学工業】「VS-7090N」新機能搭載!ボックス内の整理がしやすいタックルボックス

「釣りフェスティバル2020inYokohama」1月17日(金)~19日(日)にパシフィコ横浜で開催

【バレーヒル】「HRX スタート」ロックフィッシュがもっと気軽になる入門用ロッド。汎用性高く様々なターゲットが狙える!