【フィッシングショーOSAKA2024結果解説】来場者数も増加で大盛況!海外業者の姿も目立つ、日本の釣具人気実感

ニュース
フィッシングショーOSAKA2024の様子
フィッシングショーOSAKA2024は大盛況の内に終了した

2月3日(土)、4日(日)、大阪南港・インテックス大阪で「フィッシングショーOSAKA2024」が開催された。主催は大阪釣具協同組合。

コロナ禍が明けて本格的に再開されたフィッシングショーOSAKAは熱い釣りファンや家族連れが大勢来場し、大盛況となった。来場者数は3日間合計で4万6206人となり前回より増加。釣具のビジネスも今年は上向いてくる事を感じさせるショーとなった。

開場前から長蛇の列!6号館Aゾーンに並んだ人が多い?

フィッシングショーOSAKA開催期間中の天候は、冬らしい寒さとなった。3日夜は大阪でも雨が降ったが、開催中はいずれも好天に恵まれた。

フィッシングショーOSAKA2024の看板
インテックス大阪で行われるイベントの中でも屈指の規模を誇るフィッシングショーOSAKA。今年も多くの人が訪れた

初日の2月2日は例年通り終日業者商談日。午前9時半よりオープニングセレモニーも行われ今年のショーが開幕した。

フィッシングショーOSAKA2024のテープカットの様子
業者商談日に行われたオープニングセレモニー。各団体からも祝辞が述べられた

2日目からは一般公開日となった。今回も各号館とも早朝から入場待ちの長蛇の列が出来ていたが、6号館Aゾーンに並ぶ列が特に長くなっていた。各列が長くなりすぎるため、開場を10分早くする措置が取られた。

フィッシングショーOSAKA2024の入場待ち列の様子
全ての号館で長蛇の列が出来たが、今年は6号館Aゾーンが特に長い列となった。再入場にも時間がかかっていた

会場は6号館A・Bゾーンと3号館はメーカーブース、4号館は全館を使用してイベントホールとなっており、4館を使用して開催された。

フィッシングショーOSAKA2024の全体図
「フィッシングショーOSAKA2024」全体図
フィッシングショーOSAKA2024の様子
6号館Aゾーンの会場
フィッシングショーOSAKA2024の様子
6号館Bゾーンの会場
フィッシングショーOSAKA2024の様子
3号館の様子
4号館のイベントホールの様子

人気メーカーブースは終日大混雑、ライブ配信、SNS活用のイベント等が増加

メーカーブースでは新製品の展示やトークショー、各種イベント等が活発に行われていた。ステージのライブ配信やSNSを活用したイベント等を行う出展社が増えていた。

フィッシングショーOSAKA2024の様子
広い通路が埋まるほど多くの来場者となった

ダイワ、シマノ、がまかつといった大手メーカーブースは終日大混雑となっていたが、1小間、2小間のブースでも、多くの来場者を集める出展社もあった。

フィッシングショーOSAKA2024ノ島のブースの様子
人気メーカーブース内は大混雑!

来場者の滞在時間も長く、出展社と来場者の距離感が近いショーとなっていた。来場者が多くのブースをよく見て回り、長時間会場に滞在するのはフィッシングショーOSAKAの特長だと思われる。

フィッシングショーOSAKA2024のがまかつブースの様子
新製品等を実際に手に取ってみる事が出来る。人気メーカーのロッドがこれだけのラインナップで試せる場所はなかなかないはずだ
フィッシングショーOSAKA2024のエバーグリーンブースの様子
人気アングラーのセミナーなども大人気!ステージ前には大きな人だかりが出来ていた

今回から設置された「地方創生ブース」も好評だった。釣りを地域振興に活用している自治体や、これから釣りを活用して地方創生を行う予定のある自治体が出展し、各地域の魅力をアピールしていた。各ブースとも多くの来場者が訪れ賑わっていた。

フィッシングショーOSAKA2024のフィッシングタウン串本の様子
地方創生ブースの様子。出展された地域にぜひ足を運んでほしい

どの出展社に聞いても「人はめちゃくちゃ多いと思います。やはり大阪は活気があります。商品もたくさん触ってもらえますし、話しかけてくる方も多いです」と話していた。用意していたノベルティグッズが予定より早く配布し終わってしまうなど、嬉しい悲鳴となっていた。

人気メーカーブースは、中に入りにくいほど人が集まり、また各通路も塞がるほど大混雑となる時間帯もあり、大盛況となった。

ファミリー向けイベントも充実。子供連れの来場者は増加傾向

3日目の最終日も早朝から長蛇の列ができた。

4号館のお祭り広場では、家族連れでも楽しめる子供向けのイベントや、初心者を対象としたフィッシングスクール、例年大人気の体験マス釣り、お楽しみ大抽選会、釣具の即売会など様々なイベントが用意された。

フィッシングショーOSAKA2024の体験マス釣りの様子
毎年大人気の体験マス釣り。釣った魚も持ち帰る事が出来る。美味しいですよ!

抽選券付き手提げ袋の売上も昨年を上回り、大抽選会場も抽選待ちの長い列が出来ていた。

釣具の即売会も出展していた店舗に聞くと「売上も昨年を上回っています」と話すなど、販売も好調だった。

フィッシングショーOSAKA2024の釣具の即売会の様子
即売会は大混雑。お買い得商品が目白押しだった

来場者数を見ても、中学生以下の来場者数が約107%と昨年より増加した。会場を見渡しても、ベビーカーを押したり、小さな子供連れの来場者の姿が目立っていた。

フィッシングショーOSAKA2024のバトルフィッシングの様子
オモチャの魚を釣るバトルフィッシング。本物の魚を釣る体験マス釣りもある
フィッシングショーOSAKA2024のマルシン漁具ブースの様子
各メーカーブースでも子供を対象としたイベントを行っていた。家族連れで来ても楽しめるショーになっている

また、今回のショーでは能登半島への義援金寄附の呼び掛け、釣り場を減らさないように釣りマナー啓発ポスターの掲示、さらに淡水魚減少の原因と思われるネオニコチノイド系農薬に関するパネル設置、救命胴衣の無料点検、フィッシングスクールでも毎回安全啓発を行うなど、釣り人に向けて釣り界が取り組んでいる様々なメッセージも伝えられていた。

フィッシングショーOSAKA2024のネオニコチノイド系農薬の展示
ネオニコチノイド系農薬に関するパネル展示も行われた

大盛況だったフィッシングショーOSAKAの結果を受けて、今年の釣具のビジネスにも弾みがつきそうだ。また、今回の開催中に次回開催の問い合わせもあり、次回は更に規模拡大も見込まれる。

関連記事

【タカ産業】「スケルトンメッシュ丸型バケツ」メッシュ蓋採用、入れた魚が逃げない

【オーナーばり】「鬼ヤンハッカスプレー」見た目でも虫よけ効果!持ち運びに便利な虫よけスプレー

今年の釣竿公正マーク周知ポスターは人気ユーチューバー・マルコスがモデル【全国釣竿公正取引協議会】

(公財)日本釣振興会静岡県支部、静岡県焼津市「ふぃしゅーな」で2年ぶりの水中清掃

春イカシーズン到来!ポイント長崎女神店で「湯川マサタカトークショー」開催。豪華景品が当たる抽選会も

室生ダムで釣獲調査!「第4回室生ダムわかさぎオープン!2023」開催。釣り体験教室や「水辺感謝の日」清掃も

【Oland】「舞匠メタル80Ⅲ」超精密!超軽量!超回転!ダイレクトドライブ仕様のリール

流水プールに4500尾のニジマス放流!1000人以上が参加「ファミリーフィッシングinアクアシアン」【九州リポート福岡発!】