若洲海浜公園で初心者向け釣り教室開催。サッパなど釣れ子供達も大はしゃぎ!「水辺感謝の日」清掃活動も実施

ニュース
日本釣振興会東京都支部の初心者・ファミリー釣教室の様子
                               

公益財団法人日本釣振興会東京都支部は、10月21日(土)、若洲海浜公園の釣り施設で「第9回初心者・ファミリー釣り教室」及び、「水辺感謝の日」清掃を開催した。

当日の天気は晴れ。過ごしやすい暖かな陽気で、若洲海浜公園では早朝から多くの釣り人が竿を出していた。

釣り教室の参加者は、ファミリーで15組42名。受付開始の8時半になると、参加者が集まり始めた。

受付では参加賞のほか、持ち帰りOKの釣竿やリール、仕掛けが入ったセットが配布された。この教室で釣りを覚えた後は、もらった釣り具セットで自分達で釣りに行けるようになっている。

日本釣振興会東京都支部の初心者・ファミリー釣教室の受付の様子
受付の様子

9時になると開会式が行われた。冒頭、日本釣振興会東京都支部の常見支部長から、以下要旨の挨拶が行われた。

日本釣振興会東京都支部の常見支部長
日本釣振興会東京都支部の常見支部長

「おはようございます。今日は早朝からご参加いただきありがとうございます。今回200名近くの応募があった中、抽選で選ばれた皆様は、非常に運が良いと思います。

日本釣振興会は、日本の釣りを良くする活動を行っています。こういった釣りイベントや、魚の放流、水辺の清掃活動も全国各地で行っています。また、釣りのルールやマナーの啓蒙活動も行っています。今日は、限られた時間ではありますが、ケガのないように安全に楽しみながら、頑張ってください」

続いて、東京都釣りインストラクター連絡機構の鈴木会長から挨拶。担当講師の紹介が行われた後、全員で記念撮影を行った。

日本釣振興会東京都支部の初心者・ファミリー釣教室の様子
開会式の様子
日本釣振興会東京都支部の初心者・ファミリー釣教室の集合写真
「釣るぞー!オー!」の掛け声で記念撮影

いよいよ実釣開始!初めての魚釣りに子供達も大はしゃぎ

開会式が終わると、実釣開始。1、2組にスタッフが1人ずつ配置され、仕掛けの準備やエサの付け方、釣り方などを丁寧に指導していった。

日本釣振興会東京都支部の初心者・ファミリー釣教室の様子
参加者は釣り初心者が大半。竿の扱い方や仕掛けのセット方法等、基本的な事から講師に学んだ
日本釣振興会東京都支部の初心者・ファミリー釣教室の様子
上手く出来るかな?

初めはなかなかアタリもない状況が続いたが、10時前になるとポツポツとサッパが釣れ出した。見事魚を釣り上げた参加者の中には釣りが初めての子供もおり、初めての体験に大はしゃぎの様子だった。

その後も場所ムラはあったものの、サッパをはじめキス、カサゴ、コノシロが釣れ、参加者も釣りを満喫していたようだった。

日本釣振興会東京都支部の初心者・ファミリー釣教室の様子
お母さんも魚をゲット!
日本釣振興会東京都支部の初心者・ファミリー釣教室の様子
先生のサポートで釣れました!
日本釣振興会東京都支部の初心者・ファミリー釣教室の様子
見事魚をゲットしVサイン

参加者の母親に話を聞くと、「子供がアウトドア好きで、いつもは夫が子供を釣りに連れて行っています。今日はスタッフの方に色々教えて頂き、釣り具ももらえたので、今後私と子供だけでも釣りに行けそうです」と話してくれた。

12時前には釣りを終了し、各自周囲のクリーンアップを行った後、閉会式が行われた。

櫻井副支部長が閉会の挨拶を行い各自解散となったが、そのまま釣り場に残って釣りを楽しむ家族もおり、参加者にも好評のイベントとなっていた。

日本釣振興会東京都支部の初心者・ファミリー釣教室の様子
                                  

「水辺感謝の日」清掃も実施。約70名が参加

同日10時からは、「水辺感謝の日」清掃も行われた。

清掃には67名が参加。日本釣振興会東京都支部の役員、(株)ツネミ、(株)オレンジブルー、釣りビジョン、ルミカ、全国釣竿公正取引協議会のスタッフやその家族が参加した。

日本釣振興会東京都支部の水辺感謝の日の様子
釣り具メーカーの社員等70名近くが公園に集合した

冒頭、常見支部長から挨拶が行われた後、清掃範囲や分担、注意事項などが説明された。

参加者には軍手やトング、ゴミ袋が配布され、各自担当場所の清掃を開始した。

若洲海浜公園では他の団体も定期的に清掃を行っており、大きなゴミは少なく綺麗な釣り場だった。ただ、釣り人が、恐らく故意に捨てたのではなく飛ばされてしまった細かい糸クズや、ビニールの破片などが多かった。

日本釣振興会東京都支部の水辺感謝の日の様子
広範囲を手分けして掃除
日本釣振興会東京都支部の水辺感謝の日の様子
家族連れで参加する人も

参加者達は広範囲を清掃し、細かいゴミを回収していった。公園には人工磯も設置されているが、岩と岩の間に落ちているゴミまで丁寧に拾っていった。

日本釣振興会東京都支部の水辺感謝の日の様子
大人数で隅々まで綺麗に!

1時間ほどで清掃は終了し、集合写真を撮影。参加者にはお茶やレジャーシート等、子供にはお菓子が配られ、「水辺感謝の日」清掃は終了となった。

日本釣振興会東京都支部の水辺感謝の日の集合写真
「水辺感謝の日」清掃の参加者


関連記事

【大藤つり具】「ザッピーカラフルスティックセット140」エサ、ルアー釣りなど色々使えるセット

【がまかつ】「うきまろウキウキちょい投サビキ」足元だけでなく、ちょっと先を狙える仕掛け

【日本釣振興会埼玉県支部】埼玉県入間川水系にウグイ、マブナを放流

アブ・ガルシアを「ライフスタイル・フィッシングブランド」に。釣り具メーカーの新しい挑戦。【吉川ショウ代表にインタビュー】

【Oland】「Troll Weight」レイクトローリングを手軽に楽しめるアイテム

【ささめ針】「謎のあんこう 替え針A/B/Cタイプ」

全国初、ワカサギ陸上養殖に着手。年間3000万粒のワカサギ卵生産目指す【埼玉県水産研究所】

【がまかつ】「うきまろサビキ GOGO! アミカラーピンク」服に引っかかっても外しやすく子供でも安心なサビキセット