「釣りフェスティバル2024」出展社募集開始!「リアル開催完全復活」目指し、来年1月に開催

ニュース
「釣りフェスティバル2024inYokohama」のロゴ

2024年1月19日(金)~21日(日)、パシフィコ横浜にて「釣りフェスティバル2024inYokohama」が開催される。

主催者である一般社団法人日本釣用品工業会では、8月31日(木)まで出展社を募集している。

毎年、世界に先駆け釣り具の新製品が発表される「釣りフェスティバル」。新型コロナの影響を受け、2021年、2022年はオンラインのみで開催された。2023年1月には3年ぶりにリアルで開催し、オンラインでも同時開催され盛況に終わった。

関連記事 → 【釣りフェス2023結果解説】熱い釣りファンが多数来場。リアルとオンラインで釣具市場も活性化

2024年の釣りフェスティバルは、「リアル開催完全復活」を目指し、来場者数5万人を目標に開催される。3年間行われたオンライン開催は行わず、リアル会場のみでの開催となる。

前回開催時の様子
今年の開催時の様子。多くの釣りファンで賑わった

目標来場者数5万人!プレビュータイムやフライデーチケットなど変更点も

「釣りフェスティバル2024inYokohama」の目標や企画
2024年の釣りフェスティバルは、来場者数過去最多を目指して開催される

今回の釣りフェスティバルの主な変更点としては、19日(金)の9時~12時にプレビュータイムを設け、釣り用品関係者や多彩なメディアの誘致が行われる。

19日(金)午後からは一般公開となるが、フライデーチケット前売を1000円で販売するほか、金曜日特別企画なども行い、金曜日の来場者増加に繋げる。

「釣りフェスティバル2024inYokohama」の金曜日について

また、土日前売チケットも割安料金となり、チケットの販売チャンネルを増やすことで来場者増加に繋げていく。

釣りフェス限定品、自社小間内での販売が可能に

他の変更点として、自社小間内での釣りフェスティバル限定品の販売が可能となる。

また、通常出展1小間以上の出展社であれば、特設販売コーナーの設置も可能で、1小間あたり3万3000円で申し込みが出来る。最大3小間までとし、通常出展ブースの申込小間以上の申し込みは出来ない。

2024年に関しては、自社小間内・特設販売コーナーでの販売手数料は無料となる。

前回開催時の釣りフェスティバルオリジナルグッズ販売コーナー
今年の開催時のオリジナルグッズ販売コーナーの様子。毎年大人気のコーナーだが、今回は自社小間内で販売が出来るようになる

釣種別スタジアムは見ごたえ抜群!キャスティングコーナーやステージも用意

「釣りフェスティバル2024inYokohama」の釣種別スタジアムのイメージ

釣りジャンルごとに展示がされる釣種別スタジアムには、エリア分けパンチカーペットなど一目でエリアが分かる装飾を施し、釣り人の注目を集める。

また、「共有ステージ」と「キャスティングコーナー」でも、自社の製品やブランドのPRが出来る。

釣種別スタジアム専用バリュー小間は、1小間当たり5万5000円。出展は1社1小間までとなる。

エントリー層向け企画やマナー・安全についてのブースも

また、会場にはエントリー層向けの企画も用意。

釣種の紹介や釣り方のコツを教える「釣りの学校」のほか、「釣りフェス にぎわいマルシェ」では、釣り・魚にまつわるアート作品やグッズを集め、にぎわい感を創出する。

エントリー層向け企画のイメージ

ほか、釣りの安全・安心・マナー啓発のブースも設置。日本釣用品工業会では「てはじめにマナー」をキャッチコピーにマナー広報強化を行っているが、そのPRやLOVE BLUE事業のPR、ライフジャケット無料点検や模倣品の展示等も行われる。

前回開催時の模倣品の展示ブース
釣りフェスで毎回行われている模倣品の展示。このほかにも、釣りを安全・安心に楽しんでもらうための展示が用意される

出展の詳細や申し込み方法については、釣りフェスティバル公式ホームページから確認出来る。

問い合わせ先

釣りフェスティバル運営事務局
〒135-0061 東京都江東区豊洲5-6-36
豊洲プライムスクエア3F
TEL 03-3532-5611
E-mail info@tsurifest.com

関連記事

上州屋圏央道厚木インター店オープン!圏央道厚木ICすぐそば。週末は便利なオールナイト営業!

【釣りフェスティバル2021オンライン】開催迫る!1月23日(土)も見どころ盛り沢山!

お手軽に使えて、集魚効果抜群!釣果アップが期待できるマルキユーの「カワハギまきえ」

【現地取材】大阪に新たなトラウト釣り場が誕生!フィッシングランド久宝寺緑地がオープン!

【もりげん】「GOGOヒラメ」一発逆転!サビキで釣ったアジ・イワシをエサにヒラメなどの大物を狙おう

【がまかつ】高感度なティップランロッド「ラグゼ EGTR X」

命を守る!釣りフェスで「ライジャケの自主点検」講習会開催。パーツ交換作業も体験【釣りフェスティバル2023】

初めてでも1人で釣りが出来るように!「初心者のためのニジマス釣り教室」で初心者の独り立ちサポート