【釣り人必見!】魚の耳はどこにある?ラトルルアーの効果は?魚の聴覚と釣果の関係性を解説

ニュース

釣りエサのスペシャリスト・長岡寛さんの連載「お魚さんッ、私のエサに食いついて!」です。釣りエサに関する事以外にも魚の生態や環境など様々な内容を紹介します。

今回は、魚の聴覚について解説して頂きました。

各所でお魚さんに関する講義を行っている中、「お魚さんの鼻はどこにあるの?」と質問すると思いのほか知らない方が多く見られます。

さらに、耳はどこにあるかという質問をすると答えられる方はほとんどいません。それどころか、耳自体があるということを知らない方も結構多いことに気づかされます。

ところで、この記事を読まれている皆様は、お魚さんの耳がどこにあるのかお分かりでしょうか?

私たち人をはじめ犬や猫といった哺乳動物の耳がどこにあるかは一目瞭然ですから、今更ご説明するまでもありませんが、これら体の外にある耳のことを外耳と呼んでいます。

人や哺乳類の耳のイメージ
人の耳や哺乳類の耳はどこにあるのか一目瞭然。果たして、お魚さんの耳はどこにあり、聴覚と釣果にはどういう関係があるのだろうか?

一方、お魚さんの耳は内耳と呼ばれていて、外部から見ることは出来ません。というのも、お魚さんの耳が外に出ていたら泳ぐ時に邪魔になってしまうことでしょう。

ご存知のことと思いますが、音が伝わる速度を現わす単位はマッハと呼ばれています。ちなみにマッハ1というのは空気中で伝わる音の速さを現わしていて、気温によって僅かに異なりますが1秒間に約340m進みます。

これが水中になるとその4.5倍ほどの速度で伝わりますから、陸上とは比較にならない速さということになります。

このように、陸上と水中では音が伝わる速度に大きな違いがあることも関係して、私たちが聞き取ることが出来る音の周波数とお魚さんが聞き取ることが出来る音の周波数は異なっています。

人と魚の聴覚領域
人とお魚さんの聴覚領域 (出典:魚類生理学概論・厚生社恒星閣。一部改変)

イシダイよりバスの方が耳が良い?

実は、お魚さんの音を識別する感覚器官は図に示しているように頭蓋骨の後方にあります。

魚の耳石の位置
前方から見たお魚さんの耳石の位置 (赤く囲った部分)

陸上で見かける多くの哺乳動物は、耳が大きいものほど聴覚が発達していますが、実はお魚さんにも共通点が見られます。

お魚さんの内耳には、体壁から分泌された石灰質の耳石と呼ばれる器官があります。耳石は水中を伝わってくる音をキャッチしますが、魚種によって大きさや形が異なりお魚さんの成長に合わせて大きくなります。

この耳石の魚体に対する相対的な大きさを見ることにより、そのお魚さんが音に対して敏感なのか、それほどでもないのかを知ることが出来ます。

例外もありますが、言うまでもなく、耳石が相対的に大きいお魚さんは餌を発見するとき聴覚に頼る度合いが大きいということになります。

例えば、表層付近でもよくヒットする人気ターゲットのラージマウスバスやシーバスは、とても大きい耳石を持っているのでルアーから発せられる音に対しても敏感であることが伺えます。

反対に、底物釣りのターゲットとなっているイシダイやイシガキダイの耳石はあまり大きくなく、視覚によって餌を探していることが伺えます。

ラージマウスバスとイシガキダイの耳石の大きさの比較
耳石の比較。上・ラージマウスバス、下・イシガキダイ。一般的に聴覚が発達している魚種ほど相対的に大きいが、表層付近で捕食行動を取る魚種が大きいとは限らない

ラトル入りのルアーは効果ある?

では、お魚さんの聴覚と釣果にはどのような関係があるのでしょうか?

皆さんもよく見かけていると思いますが、お魚さんの聴覚を巧みに利用したルアーがあります。ラトルと呼ばれる小さな金属片をプラスティックルアーの内部に封入したものがそれです。

ラインを引っ張ることで、水の抵抗を受けたルアーが動くと封入されたラトルが内部で衝突を起こし、カチャカチャと音が出る仕組みになっています。

ラトルのイメージ
ラトルのイメージ

音の出るルアー(ラトル入り)はアメリカで考案されたものですが、多くのメーカーが採用し長年愛用されている理由は明確な効果があるためです。

先ほど、ラージマウスバスの耳石は相対的に大きいというお話をしましたが、改めてお魚さんの生態にマッチした商品であると感じます。

話は変わって、釣りをしていると予期せぬ騒音が起きることはよくあります。

堤防や岸壁であれば漁船が通過する、近くで荷物の積み下ろしなどがあればフォークリフトや工事車両などから大きな音が発せられます。また、河川の釣り場では鉄橋が近くにあれば、列車が通過する際に大きな音が発せられます。

ところが、こうした日常的に騒音が発生する釣り場では決してお魚さんが釣れないのかというと、全くそうではありません。これは、普段そこで暮らすお魚さん達にとって、それらの音は決して自分たちの身に危険を及ぼすものではないということを学習しているためです。

では、どんな音でもお魚さんに影響がないのかというと、わずかであってもお魚さんに違和感を与えるような音に対してはとても敏感であるという一面を持っているようです。

詳細は省きますが、ある時、船からのクロダイ釣りで、船べりに置いた缶コーヒーを船内に落下させたところ、わずかな物音であるにもかかわらず途端にアタリが止まってしまったのです。

相対的に耳石が大きいお魚さんの多くは、餌から発せられる音に反応して摂餌行動を起こしますから、釣果アップのために餌や仕掛けに一工夫することが必要な場合があると認識しましょう。

そしてもう一つ、釣り場では不用意な音を出さないよう注意が必要なのかもしれません。

長岡寛氏の連載記事・関連記事

関連記事 → 「釣りエサの重要性」【長岡寛・お魚さんッ私のエサに食いついて!】

関連記事 → 「釣りエサの種類と仕分け」【長岡寛・お魚さんッ私のエサに食いついて!】

関連記事 → 魚から釣り人の姿はどのように見えている?【長岡寛・お魚さんッ私のエサに食いついて!】

関連記事 → 釣り糸が見えると不利になる?(前編)。クロダイは釣り糸が見えているか実証実験!結果は…。

関連記事 → 釣り糸が見えると不利になる?(後編)。メジナは糸が見えているか実験!「糸が太いと釣れない」は本当なの?

関連記事 → 「魚は色を識別できる?」キンギョを用いた実験結果を紹介!魚の驚くべき能力とは!?

関連記事 → 【タチウオファン必見!実験で検証】「赤が釣れる」は本当?ルアーのカラーで釣果はどう変わる?

関連記事 → ルアーのカラーは意味がない!?カラーと釣果の関係をエリアトラウトを例に考察

関連記事 → 匂いの強いエサって効果があるの?強烈な匂いのサナギで実験、驚くべき結果とは…

関連記事 → 【釣り人なら知っておきたい】魚が感じる「匂い物質」の正体とは?ヒトにとっても身近な「アレ」だった!

関連記事 → 【チヌの驚くべき嗅覚】魚の嗅覚の感度はどれくらい?チヌ、ブリ、カワハギ、タチウオで鼻が良いのは?

関連記事 → 魚に味覚はあるのか?コイを使った実験で検証!気になる結果は…?

関連記事 → 【磯釣り師に朗報!】オキアミを黒くするとよく釣れる?革命的なエサ取り対策「オキアミブラック」

関連記事 → 【釣果アップ間違いなし!?】話題の「クックックサイゼ!」。エサやワームに混ぜ込むだけ、摂餌効果で魚の味覚直撃

関連記事

【釣りフェス2022】「あなたの町の釣具店」初心者に優しい釣具店や店員を紹介!

【ニッコー化成】「ダッピーホタルイカ3inch」にニューカラーが追加

「上州屋新古川店」新規(移転)オープン。売り場面積3倍、商品数は5倍に拡充。バスルアーも充実!

【釣りフェス2022】TVアニメ「スローループ」出演声優が初めてのフライフィッシングに挑戦!

【オーナーばり】釣りに関する質問募集!「つりばりサロン」期間限定オープン

沖縄フィッシングコンテンツトレードショー2023大盛況。約8千人来場、5年ぶりの開催、沖縄の釣り活性化

【ダイワ】2タイプの電動リール「シーボーグ500JP/JS」

5月30日は「ごみゼロ」の日!釣りのポイントスタッフが全国で清掃活動。「来た時より、綺麗に」を心掛けよう!