人気ターゲット「ヒラメ」を狙い87名が熱戦!「サンライン&不動丸ヒラメ漢祭り」開催

ニュース
サンライン&不動丸ヒラメ漢祭りの参加者

2月5日、「サンライン&不動丸ヒラメ漢祭り」が茨城県の鹿島港で開催されました。

鹿島の海はシーズンを通して魚種が豊富なエリアであり、その中でも魚影が濃く人気のヒラメをターゲットに総勢87名の参加者で熱戦が繰り広げられました。

競技は抽選で4隻に分かれて乗船し、6時に出船。11時までに釣ったヒラメ1尾の重量で競いました。

サンライン&不動丸ヒラメ漢祭りの出船の様子
出船時の様子。抽選で決められた船に乗船

受付時には冷たい北東の風が強く吹いていましたが、出船の頃には風も穏やかになり、各船長が思い思いのポイントへ向かいスタートフィッシング。11時にストップフィッシングで各船が港に戻り、続々と検量所にヒラメが持ち込まれました。

優勝は2位とわずか40gの僅差で大塚善光選手が輝きました。

サンライン&不動丸ヒラメ漢祭りの優勝者
優勝:大塚善光選手(4.64kg)
サンライン&不動丸ヒラメ漢祭りの準優勝者
準優勝の小澤秀己選手(4.6kg)。優勝と僅か40g差だった
サンライン&不動丸ヒラメ漢祭りの3位
3位の平野元臣選手

表彰式では入賞者・レディース賞・ジュニア賞に豪華な賞品が贈呈され、お楽しみ抽選会では不動丸様からの豪華景品、メーカー様からのご協賛品も用意。オートインフレータブルベスト争奪じゃんけん大会も大いに盛り上がりました。

不動丸恒例の餅撒きも開催され、餅の中には当たりが隠れており、ゲットした人には電動リールや温泉宿泊券も贈呈され、大盛り上がりの大会となりました。

最後に鹿島神宮より宮司さんに来ていただき、今年一年の安全祈願をし終了となりました。

天候にも釣果にも恵まれ、事故もなく大会を終えることができました。

サンライン&不動丸ヒラメ漢祭りの上位入賞者
大会の上位入賞者

【提供:サンライン・編集:釣具新聞】

関連記事

【ハヤブサ】「スクイッドジャンキーライブリーダート」生感をとことん追求した次世代のエギ

「ファミリー海釣り大会」大阪の人気釣り場で開催!釣り教室や清掃活動も実施【日本釣振興会】

【RGM spec.3】釣りをもっと身近に。オシャレで可愛い振り出しロッド!

「がまかつ鮎釣り登龍門2023」次世代担う若手鮎釣り師が九頭竜川で奮闘!

【全国釣竿公正取引協議会】会員対象調査を実施。ふくだあかりさんも調査に参加

【大注目情報!】来春から入間川・有間川の一部でニジマス釣りが通年可能に。新フィールド名栗湖も期待!ルアー釣りもOKに

豪華賞品多数!「Maria35周年 春の青物祭り Instagramキャンペーン」 ポップクイーンのオリカラが作れる特別賞も

【ヒロミ産業】「e-遠投α(アルファ)」飛距離がさらにアップ!上部穴径が大きくライン通りがスムーズ