【釣り場のゴミは持ち帰ろう!】大阪の人気釣り場3カ所で水辺清掃。ゴミは減少傾向だが…

ニュース
釣具業界 環境への取り組み特集
日本釣振興会大阪府支部の陸上清掃の様子
大阪府内の3カ所の釣り場で清掃を実施。毎年清掃を行っている釣り場だが、徐々にゴミの量が減ってきている

2022年11月27日(日)、公益財団法人日本釣振興会大阪府支部は、大阪府内の釣り場3カ所で陸上清掃を実施した。

協力は、大阪釣具協同組合、大阪府釣り団体協議会、大阪府釣りインストラクター連絡機構、フィッシングエイト株式会社。

清掃場所は、大阪北港の常吉大橋周辺、夢舞大橋周辺、大阪南港の船溜り(フェリー乗場)。

いずれの清掃場所も、釣り場として問題が起こってきた経緯がある場所だが、清掃等を続けてきた事によって、現在も全面的な釣り禁止や立ち入り禁止にはなっていない。

参加者は、複数の釣具関係企業の社員やその家族で3カ所合計で76名。内訳は常吉大橋周辺に30名、夢舞大橋周辺に30名、南港船溜りに16名が参加した。

76名で広範囲を手分けし清掃。活動に興味を示す釣り人も

取材に行った常吉大橋では、参加者は朝8時半に清掃場所に集合。朝礼では魚矢副支部長が挨拶を行い、参加者へのお礼や、常吉大橋のゴミ問題について述べられた。続いて分別についてや注意事項が説明された後、清掃を開始した。

常吉大橋では、参加者は二手に分かれて広範囲を清掃した。大阪府内でも足場が良く人気の釣り場で、清掃当日も多くの釣り人が竿を出していた。

日本釣振興会大阪府支部の陸上清掃の様子
常吉大橋での清掃の様子。清掃当日も釣り人が多かったが、安全に配慮しながらゴミを回収していった
日本釣振興会大阪府支部の陸上清掃の様子
家族で参加する参加者もいた。子供も大活躍だ

ガードレール沿いに多くのゴミが投棄されており、参加者は端から順番にゴミを回収していった。特に多いのは空き缶やペットボトル、食品の容器など。そのほか、仕掛けのパッケージなどの釣り人が投棄したゴミも回収された。

常吉大橋の釣り場に捨てられたゴミ
常吉大橋周辺のガードレール沿いに投棄されたゴミ。特に飲料や食品の容器が多い

参加者が一般の釣り人の近くでゴミを回収していると、一緒になってゴミを回収してくれる釣り人や、声をかけてくれる釣り人も複数人いた。陸上清掃を行うことで釣り場の環境が保たれることはもちろん、一般の釣り人の釣りマナーへ対する意識の向上にも役立つと感じた。

夢舞大橋周辺や大阪南港の船溜りでも多くのゴミが回収され、11時前には解散となった。

日本釣振興会大阪府支部の陸上清掃の様子
夢舞大橋周辺での清掃の様子。この釣り場も人気の釣り場で、毎回回収されるゴミの量も非常に多い
日本釣振興会大阪府支部の陸上清掃の参加者(常吉大橋)
常吉大橋の参加者
日本釣振興会大阪府支部の陸上清掃の様子(夢舞大橋)
夢舞大橋の参加者

今回の清掃活動で回収されたゴミの量は3カ所合計で400㎏。

まだまだゴミの量は多いものの、3カ所とも2021年に行われた清掃や、2022年10月に行われた「水辺感謝の日」の清掃時よりも少ない結果となり、釣り場のゴミが減少傾向にあることが分かった。

常吉大橋で回収されたゴミ
日本釣振興会大阪府支部の陸上清掃ので回収されたゴミ(夢舞大橋)
夢舞大橋で回収されたゴミ

関連記事 → 日本釣振興会「水辺感謝の日」清掃、大阪は236名参加、釣り場4カ所を清掃【釣りが出来る場所を大切に!】

関連記事 → 日本釣振興会大阪府支部が大阪の人気釣り場3カ所で約1tのゴミを回収。125名が参加!

釣具業界各企業等が行っている環境への取り組みを紹介 → 「釣具業界 環境への取り組み特集」

関連記事

(公財)日本釣振興会和歌山県支部、濱ノ瀬漁港、戸津井漁港2カ所でチヌ(クロダイ)の稚魚1万2000尾放流

船釣りでボウズ。乗船料の支払い拒否はあり得る!?【弁護士に聞く】

グリーンカラーフック&アシストラインで違和感なく食わせる「鯛ラバアシストフック10cm」

つりどうぐ一休りんくうシークル店オープン。人気商業施設内に出店、インバウンドも見込む

GFG杯争奪全日本地区対抗アユ釣り選手権  がまかつファングループが相模川で開催

【ダイワ】「インパルトLBD」BITURBOブレーキ、ZAIONエアローターを搭載

【オーナーばり】「夜釣りアナゴ完全セット」お手軽簡単仕掛け

上州屋新千葉美浜店がオープン!便利な週末オールナイト営業、地元釣り人を強力応援!