渋い状況下の熱戦!「マルキユーM-1CUP全国チヌ釣り選手権大会決勝戦」。優勝は…!?

ニュース
マルキユーM-1CUP全国チヌ釣り選手権大会決勝戦の参加者

マルキユーは、10月1日(土)、2日(日)の2日間、大分県の佐伯湾鶴見一帯で「第7回マルキユーM-1CUP全国チヌ釣り選手権大会決勝戦」を開催した。

全国から28名の名手が集まり、2日間にわたり激闘を繰り広げ、チヌ釣りの頂点が決定した。

全国から28名の名手が集結!渋い状況下、決勝戦へ駒を進めたのは…?

マルキユーM-1CUP全国チヌ釣り選手権大会決勝戦の様子
決勝大会は大分県の佐伯湾鶴見一帯で行われた

初日の1回戦は、28名の選手が10カ所の釣り場に分かれて対戦。どの釣り場でもエサ取りが多く、難しい展開の中勝ち抜いた選手が2回戦へ進出した。

2回戦では5カ所中、4カ所で1枚差の接戦となり、ワイルドカードを含む6名の選手が準決勝に進出した。

翌日の準決勝戦では、「山ノ下」で宮原浩選手(九州地区)が貴重な1枚のチヌを取り込み決勝戦に進出。 残る2カ所では釣果がなく、2回戦での優勢率で副洋祐選手(九州地区)、藤井治選手(MFG関西)が決勝戦へ進出した。

マルキユーM-1CUP全国チヌ釣り選手権大会決勝戦の決勝進出者
決勝戦に進出した3選手

優勝は宮原選手。なんとM-1CUPグレとのダブル優勝!

決勝戦は、八島の「ナンキン」で開催。 第1ラウンド終了直前に宮原選手がチヌを釣り上げたが、その後は潮の流れがなくなり、チヌの姿を見ることが出来なかった。 その結果、宮原選手が大会覇者となった。

宮原選手

また、宮原選手はM-1のチヌとグレをそれぞれ優勝した唯一の釣り師となった。

以下、優勝者のコメント。
「どうしても獲りたかったタイトル。3度目の正直でやっと優勝することができました。大会での釣果は、練りエサが主体となりました。『食い渋りイエロー』、『荒食いブラウン』、『高集魚レッド』を単体で使ったり、マーブル状にしたり。エサ取りがとても多かったので、普段よりも倍の大きさでハリに付けました」。

マルキユーM-1CUP全国チヌ釣り選手権大会決勝戦のお立ち台
宮原浩選手(九州地区)が大会を制した

宮原選手が準決勝・決勝で使用したエサは以下の通り。
・マキエ
「爆寄せチヌ」、「ニューチヌパワーダッシュ」、「チヌパワームギスペシャル」各2袋、オキアミ生2角(6kg)

・付けエサ
「食い渋りイエロー」、「荒食いブラウン」、「高集魚レッド」、「くわせオキアミスーパーハード(L)」、「くわせ丸えびイエロー」、「特鮮むきエビ」

宮原選手の使用エサ
宮原選手が大会で使用したエサ

【提供:マルキユー・編集:釣具新聞】

大会の結果や当日の様子は、マルキユー公式ホームページでも確認出来る。

関連記事

「フィッシングショーOSAKA2022TV+(テレビプラス)」地上波とYouTubeを使って開催!

「多摩川フィッシングフェスティバル2022」釜の淵公園で開催。身近な川で魚釣りと自然体験!

サビキエサを買うとかわいいバケツが貰える!「 サビキエサキャンペーン 2022」開催中【マルキユー】

【日本釣振興会静岡県支部】牧之原市で「水辺感謝の日」清掃。「Sports&Fishing」Projectのメンバーも参加

【ゴールデンミーン】「GMアルティメットギャフ」強度と耐食性に優れたビッグギャフ

【スラッシュ】「バーサルグリップ」握りやすく落としにくい万能グリップ

【がまかつ】「ラグゼ エギストレージバッグ」ベルクロフラップを採用したエギ専用ケース

【DAYSPROUT(ディスプラウト)】「DSLT-2000SS-P」エリアトラウト用リール「黒い特務機」の2号機