【アサヒレジャー】生き物に触れ釣りの楽しさ、命の大切さ学ぶ 親子ウキ釣り体験教室

ショップインフォ

 アサヒレジャーでは、8月3日(土)に愛知県名古屋市守山区の東谷山フルーツパークで、「こども新聞企画・親子ウキ釣り体験教室」を行いました。

アサヒレジャーの親子ウキ釣り体験教室風景
東谷山フルーツパークのフィッシングコーナーで行われた親子ウキ釣り体験教室


 当体験では、生き物に触れていただく事により、釣りの楽しさや、素晴らしさ、また命の大切さを感じていただきたいという思いから実施しています。
 8月に入りかなりの酷暑となり、初めての釣り体験には少し厳しい状況の中での開催となりましたが、皆さん頑張っていただき、記念すべき1尾を見事釣り上げた参加者様もおられました。

アサヒレジャーの親子ウキ釣り体験教室釣り風景
ウキ釣りでキャッチした魚を手に笑顔の参加者


 体調の事も考慮し、早めに実釣を切り上げて室内で釣りについての勉強会を行いました。
 釣り場でのマナーやライフジャケットの大切さなど、熱心に聞いている参加者の姿が目立ちました。

アサヒレジャーの親子ウキ釣り体験教室のルアー色塗り
サプライズで行ったルアーの色塗り体験会には子供も大喜び


 またサプライズでルアーの色塗り体験会も行い、お子様たちは世界に1つのルアー作成に夢中になっていました。
 その後、東谷山フルーツパーク様にフルーツの盛り合わせとフルーツジュースをご用意いただき、参加者も大満足されておりました。

アサヒレジャーの親子ウキ釣り体験教室の参加者
フルーツの盛り合わせとフルーツジュースに舌鼓


 実釣時間は短かったものの、釣りという遊びに触れていただくことで少しでも興味を持っていただけるよう、今後もこのような活動を継続していきたいと思います。
【報告:アサヒレジャー・まとめ:編集部】

関連記事

【安全推進釣具店認定制度】釣具店と海上保安庁が連携、釣り人の事故減少目指す

【ダイワ】「メタリア伊勢湾ゲーム・R」四季を通して伊勢湾を攻略できるロッド

アサヒレジャーが三重県多気郡で植樹事業。「釣人の森」として地球環境の改善に貢献

【富士工業】オリジナルエコバッグを制作。小さな取り組みから大きな環境保護の流れに

【デュエル】「HARDCORE SHAD SR60SF」トリプルミラーボディで多彩なアピールが可能

【がまかつ】「ラグゼ オクトライズ フネタコ」船タコをより深く快適に楽しむ専用ロッド

【デュエル】「タコやん船スッテ」集器のようにキラキラ輝き誘うホログラムヌリボディを採用

「釣りフェスティバル2020inYokohama」で開催される日本初の釣りめしイベント「釣りめしスタジアム」