釣具店「フィッシング遊」のスタッフが人気釣り場で清掃。みんなで釣りが楽しめる自然環境を守ろう!

ショップインフォ
碧南緑地の清掃活動の様子
フィッシング遊のスタッフは、愛知と三重の釣り場で清掃活動を実施。写真は碧南緑地

釣具店のフィッシング遊では、3月25日(月)、3カ所の釣り場で清掃活動を行った。愛知店舗スタッフで豊浜漁港周辺、三河店舗スタッフで碧南緑地、三重店舗スタッフで四日市港を清掃した。

四日市港の清掃活動の様子
三重の四日市港でも清掃活動が行われた
豊浜漁港の水中清掃の様子
豊浜漁港でも行われた。地道な活動が釣り場を守ることに繋がる

どの釣り場も生憎の悪天候で、釣り人の姿はちらほらといった状況だったが、天候が良い日は気温が上がってきたこともあり、3カ所とも人の多い釣り場だ。地域で行われている清掃活動もあるとは思われるが、釣りのゴミや、飲食系のゴミが減っていかないのが現状である。

集められたゴミ
釣りのゴミも多かった
集められたゴミ
空き缶など、飲食系のゴミも目立った

フィッシング遊を運営するアサヒレジャー(株)では、「これからは入門者の方も動きやすいシーズンとなってきます。釣り場が賑わうのは我々としては嬉しい事ではございますが、人が増えればゴミが増えるといった流れは必ず断ち切らねばなりません。釣り場を汚さない、釣り場で迷惑をかけない、当たり前のことですが、これが守られない限りは釣り場が減っていく可能性があります。今後ともこの活動は継続していき、少しでも貢献出来るように啓発も行ってまいります」とコメントしている。

【提供:アサヒレジャー・編集:釣具新聞】

関連記事 → 「SDGs宣言」で地元貢献。清掃・放流など取り組み、「三重県S‌D‌Gs推進パートナー」にも登録【フィッシング遊】

関連記事 → 【フィッシング遊】こども新聞室内釣り教室を名古屋北店で開催。釣りを始めたい家族にピッタリ!

関連記事 → 大手釣具店・フィッシング遊の店頭で能登半島地震募金箱設置。釣り人から集めた約19万円を日本赤十字社へ

関連記事

【岐阜県海津市】行政主催、インスタ活用のバス釣り大会。ブラックバス活用し地域活性化

ジャッカル×シマノプロジェクト10周年記念トークライブ8月7日(金)動画配信

【キャスティング】東京都小平市で清掃活動を実施!社員17名が参加、地域社会に感謝を込めて

【富士工業】「リグスベルシリーズ」様々な仕掛けに使えるリグパーツ

憧れのアングラーとキハダキャスティング!「プレミアム実釣会」三重県志摩沖で開催【イチバンエイトグループ】

【第18回】干潟再生で期待される河川環境の改善~大阪万博に向けて進む淀川下流域の整備~

1000円でエリアトラウト用ルアー3つがセットに!カラーチョイスに悩まなくていい、エントリーに超オススメの「鱒ノトライセット」

【安全推進釣具店】認定制度、釣具店と協力、釣り人への安全啓発を強化