釣果良好!「宍道湖 親子ハゼ釣り大会」盛況。良型も釣れ、じゃんけん大会も大盛り上がり【かめや釣具】

ショップインフォ
「宍道湖 親子ハゼ釣り大会」の参加者
                                  

かめや釣具松江店は、10月7日(土)、島根県松江市の宍道湖にて「宍道湖 親子ハゼ釣り大会」を開催した。

参加者は、ファミリー35組(100名)。コロナ禍の影響で4年ぶりの開催という事で、参加者は当日を心待ちにしていた。

大会は朝7時からスタート。風も無く穏やかな湖畔で、釣りがしやすい天候で最後まで笑顔が溢れる大会となった。

「宍道湖 親子ハゼ釣り大会」の様子
大会の様子。かめや釣具のスタッフも参加者をサポートして回った

大会中は、かめや釣具のスタッフが、仕掛けの投入方法を教えたり根掛かりを外すなどサポートを行った。参加者もスタッフのサポートを受けながら、釣りを大いに楽しんでいる様子だった。

「宍道湖 親子ハゼ釣り大会」の釣果
釣果も良く、参加者も大満足のイベントとなった
「宍道湖 親子ハゼ釣り大会」の釣果
2連掛けに成功!

釣果も上向きで、最大長寸16㎝の大物がエントリー。

表彰式・大物賞・飛び賞の発表後には全員参加のじゃんけん大会も行われ、最後まで非常に盛り上がった大会となった。

「宍道湖 親子ハゼ釣り大会」の表彰台
大会の表彰台

参加者からは、「来年も必ず参加したい」という嬉しい声も寄せられた。最後には釣り場清掃を行い、大会は終了となった。

【提供:かめや釣具・編集:釣具新聞】

関連記事

【アサヒレジャー】稚魚放流、釣り場の清掃活動を今年も実施。2020年度事業を報告

【ベイシックジャパン】「ハッピーファンセットⅢ」ファミリーフィッシング・釣り入門に最適

【シマノ】「セフィア フワフワスッテⅡ」高浮力ボディ採用

【バスフィッシングは重要な観光資源】。岐阜県海津市の取組み。横川市長とジークラック青木社長が対談

スーパーデッドスローフォール設定が効く船イカ専用エギ「エギ番長 船イカSP」

【釣りフェス2022】川村プロと黒田プロがバスフィッシングの神髄を語る

街中でも着られるフィッシングウエア。オシャレでリーズナブルな「Oraio(オライオ)」夏の新作を一挙紹介!

水中で分解する自然に優しい釣りエサ「赤青一撃!!グミSP」。ハサミでカットOK。海、川、池の全フィールドで活躍