【竹村勝則・釣り記者の回顧録】指ブレーキからレバーブレーキリールへ

ニュース

ベテラン釣り記者の竹村勝則(たけむらかつのり)氏が「昔と今の釣り」について思うままに語る、「釣り記者の回顧録」。今回はリールの進化について語ってもらった。

磯釣りのイメージ写真
今では普通に磯釣り等で使われているレバーブレーキリール。そのルーツを紹介する

荒磯のグレ釣りほどスリリングで面白い釣りはない。大海原にポツンと浮かんだような磯で、あるいは断崖絶壁の切り立った岩場の下で、1人グレを狙う。

釣り場によっては潮が渦巻いて流れ、磯にぶち当たって波飛沫が舞う。

特に好期の寒グレシーズンは季節風が吹き荒れる日が多いが、ボッテリと太って脂が乗ったグレは造りに、鍋物にしても美味しく釣味、含味満点である。

毎年、寒グレシーズンになると磯へ出掛けるが、流れに漂うウキが、ゆっくりと水平に入っていくと、胸がトキメク。そして竿を立ててアワせると、ギューンと竿を絞り込むような強引な引きがくる。

特にグレの引きは強いので、リールのドラグ調節をうまくしておかないと、竿をのされてハリスを切られるか、根に入られてバラシとなり、ほぞをかむ(ひどく後悔すること)。そのような経験を何度したことか。

グレ釣りは竿さばきもさることながら、リールのドラグ調節が大事で、とくにグレを掛けた瞬間の強烈な引きの対処が大変難しい。

昔のリール
筆者が昔に改良したリール。足を切って縮め、指ブレーキを掛けやすくした

昭和の時代は、グレ釣りの研究も盛んで、講習会なども開催されました。そんな時代に釣り人が考えたのが、インスプールのスピニングリールの回転部に指を当ててブレーキを掛ける方法。

人の指は大変敏感なので、逆転するリールに指の力加減しだいで対処できる。

しかし、スピニングリールは、足の部分が長いので指が十分に届かない。

そこで足の部分を少し切って自分の手に合うように短くした。

この指ブレーキリールはグレ釣りマニアにはなかなか好評だった。自分も真似して作った。

昔のリール
指が届くように足の部分を短く改良していた

それがスピニングリールのレバーブレーキリールの始まりで、その後、釣り具メーカーが新製品を発表。

指で直接ブレーキを掛けていたのが、指でレバーを引いてブレーキを掛ける方法にかわり、うんと使いやすくなった。

今は初期のリールから、改良に改良が加えられ、軽くてスムースに思い通りにブレーキ操作ができる使いやすいリールになった。

レバーブレーキリールは今やグレ釣り大会、チヌ釣り大会ではほとんどの人が使っている。

自分はグレ、チヌ釣りだけでなく、ハネ釣りにも重宝している。

(了)

竹村勝則氏のプロフィール

竹村勝則氏の写真
今も編集部の中で毎年トップクラスに日焼けしている竹村さん。現役バリバリの釣り記者だ

竹村勝則(たけむらかつのり)
昭和16年生まれ。
月刊雑誌「釣の友」(釣の友社)編集長を経て、週刊「釣場速報」の編集長(名光通信社)等を歴任。
釣りの記者歴だけでも軽く50年を超え、今でも釣行回数は年間120日以上!
国内で最も古い時代から活躍する釣り記者の1人だ。

関連記事 → 【竹村勝則・釣り記者の回顧録】紀州の棒ウキ、阿波の玉ウキ | 釣具新聞 | 釣具業界の業界紙 | 公式ニュースサイト (tsurigu-np.jp)

関連記事

【フィッシング遊】静岡の三保海岸へヒラメの稚魚4000尾を放流。清掃活動も併せて実施

【シマノ】「セフィアクリンチ フラッシュブースト」光で誘い、動きで抱かせる

【マルキユー】「パワーイソメ」虫エサが苦手でも大丈夫!定番の本物のイソメに迫る釣れっぷり

【シマノ】「COLTSNIPER アオモノキャッチャーハイアピール」ビックシルエットでスローフォール。青物にしっかりと見せて喰わせる!

【マルキユー】「撥水ストレッチパーカMQ-01」「撥水ストレッチパンツMQ-02」

【がまかつ】ジギングロッド「ラグゼ ジグレヴォ スペックN」

【富士工業】「技徳」竿作りの文化高める~世界のバスロッド市場を席捲したキャスティングハンドルを完全復刻~

船長の判断で遊漁船を出船、荒天による事故で乗客が入院。責任は誰に?【弁護士に聞く】