【ダイワ】「ラテオR」シーバスのスタンダードシリーズが大幅に進化して登場

製品情報

 ダイワから「ラテオR」が登場。
 シーバスロッドのスタンダードシリーズ「ラテオ」が大きく進化して登場。ブランクス、ガイド、リールシートに至るまですべてを見直し、キャスト精度やルアーの操作性が大幅に向上している。

 ブランクスには、HVFナノプラスに、ネジレに強いX45構造を採用。ハイエンドシリーズに匹敵する軽さと、シャープなキャストフィールを実現。
 リールシートには、高強度なカーボン製リールシートであるエアセンサーを採用。軽さと感度、操作性が向上している。

 「86ML」から「110MH」の全12機種。価格は2万7000円-3万1200円。
 詳細は、ダイワ  https://www.daiwa.com/jp/

関連記事

【デュエル】「2020春YO-ZURIエギ祭」6月30日(火)まで開催中

「釣りフェスティバル2020inYokohama」で開催される日本初の釣りめしイベント「釣りめしスタジアム」

【シマノ】「SLX DC」幅広いルアーに対応、遠投性能を発揮する

【ダイワ】「MC750L」「MC750ML」穴釣りに最適なコンパクトタックルセット

【モーリス】「VARIVAS へら 見える道糸」よく見える独自のオレンジカラーを採用したエステルライン

【がまかつ】「ジギングフック 鎌斬(かまきり)」早掛けを実現するシングルフック

【プロックス】「VC104C」「VC104K」コンパクトなフィッシングポーチ

【バレーヒル】「コエビシャッド」細かく、優しくバスにアピールするワーム