【シマノ】「アンタレスDC」MGLスプールⅢをDCリールに初採用

製品情報
アンタレスDC

 ストイックに飛距離を追求するシマノのベイトリール「アンタレスDC」が、最新の技術を結集して生まれ変わった。

 立ち上がりが軽く伸びのよい弾道を生み出すMGLスプールⅢをDCリールとして初めて採用。
 緻密な制御が可能な4×8DCブレーキとの相乗効果で、遠投性能にさらなる磨きが掛かった。

 S3Dスプール、サイレントチューンによって回転をスポイルする振動を抑制。マイクロモジュールギア、X-SHIPに加え、ハンドル軸受け部分のベアリングを増やすことにより、巻き上げフィールも飛躍的に向上している。

 ギア比は5.6、7.4、7.8の3種類。価格は7万7000。

 詳細は、シマノ http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/6276

関連記事

(公財)日本釣振興会、神奈川県小田原港防災護岸で水中清掃。約半年分のゴミを回収

【エクリプス】「TEUTHIDA N155」ゼロテン釣法専用設計ロッド

【バレーヒル】「エビカーリー」エビシャッドファミリーに新たな仲間が追加!

【釣研】「エキスパートグレV」進化する釣法に対応した、飛距離と操作性の高いウキ

「ロイヤルアングラー賞」YMOの高橋幸宏氏が受賞

【ジャクソン】「鉄PAN Vib(テッパンバイブ)」ライン絡みなどのトラブルが発生しにくい

【竹村勝則・釣り記者の回顧録】竹の六角投げ釣り竿

「2019キザクラレディースCUPin南伊豆」フカセ釣りに興味ある女性を対象にしたイベント。12月14日に開催