【シマノ】「アンタレスDC」MGLスプールⅢをDCリールに初採用

製品情報
アンタレスDC

 ストイックに飛距離を追求するシマノのベイトリール「アンタレスDC」が、最新の技術を結集して生まれ変わった。

 立ち上がりが軽く伸びのよい弾道を生み出すMGLスプールⅢをDCリールとして初めて採用。
 緻密な制御が可能な4×8DCブレーキとの相乗効果で、遠投性能にさらなる磨きが掛かった。

 S3Dスプール、サイレントチューンによって回転をスポイルする振動を抑制。マイクロモジュールギア、X-SHIPに加え、ハンドル軸受け部分のベアリングを増やすことにより、巻き上げフィールも飛躍的に向上している。

 ギア比は5.6、7.4、7.8の3種類。価格は7万7000。

 詳細は、シマノ http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/6276

関連記事

【第10回】これからのアマゴ釣り場考察~紀伊半島・有田川の取り組み~

盗まれた自分の釣り具がフリマアプリ・ネットオークションで販売。犯人を逮捕できる?損害賠償は可能?【弁護士に聞く】

【キザクラ】「黒魂オリジン(Origin)」視認性が高いウキ

【デュエル】「HARDCORE モンスターショット」追加サイズ80㎜/110㎜が登場

【日本釣振興会和歌山県支部】人気レジャースポット2カ所でヒラメの稚魚放流。地元小学生も参加

(公財)日本釣振興会静岡県支部、静岡県焼津市「ふぃしゅーな」で2年ぶりの水中清掃

【キャスティング】「第3回キャスティング50周年記念Instagramフォトコンテスト」開催中

【上州屋】9月29日に福島県郡山市で「ワカサギ・ルアーフェスタ展示受注会」開催