【ルミカ】「ルアーライト」光による集魚効果で魚にアピールするアイテム

製品情報
ルアーライト

 ルミカのエクストラーダから「ルアーライト」が登場。

 本体を軽く折り曲げると、封入された2液が混ざり合って化学反応を起こし、自発光する発光体だ。

 光による集魚効果で、走光性(生物が光刺激に反応して移動すること)のあるタチウオやイカなどの対象魚にアピールすることができる。

 「ルアーライト」は既存の発光体「ケミホタル」などのおよそ2-6倍の明るさで光り、しっかりと魚に視認させ食わせることができる。

 ルミカ https://www.lumica.co.jp/product/chemihotaru/

関連記事

【シマノ】「ライトゲームSS」日本各地のさまざまな対象魚や釣法に対応する船竿

【ダイワ】「レオブリッツ500JP」パワーを求められるターゲットをメインに開発されたリール

SNSへ釣果写真を投稿「DUELフォトコンテスト」10月31日まで開催中

子どもも大人も楽しめる「家族釣りの祭典」大盛況!釣り大会、放流、釣り教室と盛りだくさん

【SLP WORKS】「RCSB SV BOOST 1000スプール G1/ブラック」軽量リグから重量ルアーまで幅広く対応

シマノ・ダイワ・ジャッカル等「釣りフェスでしか買えない」グッズを要チェック!【釣りフェス2023】

釣竿の表示は合っている?全長・自重等を実際に計測。【全国釣竿公正取引協議会】

【ダイワ】「グランドスリム テクニカル」軽くスリムな鮎竿