【ジャクソン】「飛び過ぎDaniel(トビスギダニエル)」抜群の飛距離のメタルジグ

製品情報
飛び過ぎDaniel(トビスギダニエル)

 ジャクソンの「飛び過ぎDaniel(トビスギダニエル)」は、高強度ステンレスプレートの後方に鉛でボディを形成し、重心を極端に後方化したメタルジグだ。

 また、尾翼の役割も果たすステンレスプレートにより、飛行姿勢は抜群の安定感がある。

 度重なるテストの結果、ついにメタルジグやスプーンではこれまで決して出せなかった、プラグ系のワイドウォブリングアクションをスローリトリーブから演出可能となった。

 プラグ同様に腹部にもフックが付いているためフッキング率が高いのも特徴の1つだ。

 詳細は、ジャクソン https://jackson.jp/lure/%e9%a3%9b%e3%81%b3%e9%81%8e%e3%81%8edaniel/

 関連記事 → 【ジャクソン】「定番スナップ」30個入りの大容量が嬉しい

関連記事

【シマノ】「SLX DC」幅広いルアーに対応、遠投性能を発揮する

【ダイワ】「20クレスト」LTコンセプトにより大幅軽量化

【ダイワ】「DV1 N320」海から川までシンプルなタックルで釣りを楽しむ

「OUTDOORPARK2020」万博記念公園で関西最大級のアウトドアイベントが開催

【明邦化学工業】「マルチボードBM」フック等の交換に便利なオプションパーツ

【プロックス】「どでかラバーコートフォールディングネット」3サイズをラインナップした特大ランディングネット

【ダイワ】「オーバーゼア AIR」軽量設計のソルトマルチロッド

【第一精工】「イルカやん!グリップ」ファミリーフィッシングにもオススメのフィッシュグリップ