ガイド絡みや糸通しのライントラブル激減!快適にメバル釣りが楽しめるインターライン振出ロッド「瀬戸内メバルSP」

製品情報

瀬戸内の船メバル釣りのインターライン(中通し)ロッド。3m以上のロングレングスのロッドで、多点掛けを狙う長いサビキ仕掛けを使用するので、ガイドへの糸絡みなどのライントラブルを防止し、1日中快適に釣りができるように、インターラインが定番とされています。

違和感なくメバルに口を使わせる穂先と、追い食いが狙える軟調子の、新しいインターラインメバルロッドが、ダイワから登場。

瀬戸内メバルSP

瀬戸内メバルSP

メバルの捕食を阻害せず、多点掛けを狙える柔軟さを追求した「瀬戸内メバルSP」。

ガイドへの糸絡みを防止し、1日中快適に釣りができるインターライン仕様で、竿内部には超撥水ドライ加工を施すことで、外ガイドに肉薄するライン放出を実現しています。

瀬戸内メバルSP
エアセンサーシート(スリムフィット)

ブランクに搭載したネジレ防止の「X45」と「Vジョイント」でスムーズな曲がりを実現し、パワーロスを軽減。リールシートに「エアセンサーシート(スリムフィット)」を採用し、軽量化と理想的なパーミングを実現。

糸通しは、上から入れて上から抜く簡単・スムーズなTOP-INシステムを採用。各節が元竿に収納されているため携帯性が高く、ラインを通したままラインを傷付けずに仕舞える構造のため、竿を伸ばすだけでセットが完了。高い操作性を実現する、振出メバルロッドに仕上がっています。

■振出TOP-INインターライン

糸通し簡単・コンパクトにしまえて理想の調子も実現できる「トップイン構造」
①リールをセットし、元上をしっかり伸ばす。
②トップからワイヤーを通し、エントランスガイドまで通す。
③エントランスガイドから出てきたワイヤーの先端に道糸を通す。
④トップからワイヤーを引き出せば、道糸が通せてセット完了。

瀬戸内メバルSP
アイテム全長(m)継数仕舞寸法(cm)標準自重(g)先径/元径(mm)先内径(mm)錘負荷(号)メーカー希望本体価格(円)
瀬戸内メバルSP 300IL・K331061222.7/12.61.610~4036,000
瀬戸内メバルSP 330IL・K3.331161282.7/12.61.610~4037,000
瀬戸内メバルSP 360IL・K3.631261352.7/12.61.610~4038,000
瀬戸内メバルSP 420IL・K4.241121612.7/14.71.610~4041,000
瀬戸内メバルSP 480IL・K4.841271732.7/14.71.610~4044,000

詳細は、ダイワ公式ホームページまで。

関連記事

【高階救命器具】「ブルーストーム 膨脹式ライフジャケット(水感知機能付き) BSJ-8320RS」サスペンダータイプの救命胴衣

メガバス「LIVE-X(ライブX)」が「グッドデザイン賞2022」受賞!伊東由樹氏が手掛けたバスルアー

【会場写真多数掲載!】「フィッシングショーOSAKA2024」会場の様子を一足早く公開!2日(金)は業者商談日

【エヌ・ティ・スイベル】「ライトスナップ」釣り初心者にも扱いやすい設計で、トラブルが少ない

「バイソンウェーブ」、釣り人専用設計のゴムボート・フローターを提案

「川の国」応援!びん沼川で「水辺感謝の日」清掃。1.5㎞の広範囲を84名で実施

【海野徹也】魚に愛、自然に感謝、釣り人に幸。放流の問題、放流直後の生存

稚ギルを再現したリアル系ベイト「Baby GillFin2」プロトテストでは60cmUPも出現!