誰もが使いやすい調子「がま磯 アルデナ」。強度を維持しつつ軽量化にも成功【がまかつ】

製品情報
がま磯アルデナ

がまかつの「がま磯 アルデナ」は、曲がって粘る伝統のがま調子は継承しつつ、誰もが使いやすくクセの無いオールマイティな調子を実現した磯竿。

最高クラスの引張強度を誇る炭素繊維「TORAYCA(R)T1100G」を全機種に採用しており、ブランクスは強度と張りを維持しつつ竿先にかけて従来よりも軽量化している。

また、フカセタイプの0号~3号のモデルには軽量な「CIMガイド」を採用。

「TORAYCA(R)T1100G」との相乗効果で、一見先調子ロッドを思わせるほどの圧倒的な先軽振り調子を実現。操作性が飛躍的に向上している。

CIMガイド
CIMガイド

リールシートは、全機種スクリュータイプを採用しているため、リールのホールド力にも優れる。

ロッドのポジショニングマップは以下の通り。

ロッドのポジショニングマップ(グレ)
(出典:がまかつ公式ホームページ)
ロッドのポジショニングマップ(チヌ)
(出典:がまかつ公式ホームページ)
ロッドのポジショニングマップ(パワーロッド)
(出典:がまかつ公式ホームページ)

計22モデルがラインナップ。

価格は、4万7500円~5万6000円。

詳細は、がまかつ公式ホームページまで。

関連記事

「キャスティング多賀城店」宮城県多賀城市に新規オープン。地域の釣り人の需要に応える店舗

【2020 SLPWORKS購入キャンペーン】開催中、応募対象期間は2020年5月31日まで

【デプス】「デスアダー」様々なリグに対応するワーム

日本釣振興会大阪府支部が淡輪漁港で水中清掃。釣りタレントの高本采実さんも参加!

【ハヤブサ】※業務連絡※ お盆休みは8月13-16日。11日は営業

【ささめ針】簡単に川釣りが楽しめる「毛鈎でちょい投げ3本鈎」

【SLP WORKS】「RCSB SV BOOST 1000スプール G1/ブラック」軽量リグから重量ルアーまで幅広く対応

マコガレイの稚魚1万尾、東京湾羽田沖に放流。東京湾遊漁船業協同組合が実施