「釣研フォトコンテスト」グレ、チヌ、マダイの長寸を競って豪華賞品を狙おう!

ニュース
釣研フォトコンテスト
(出典:釣研公式ホームページ)

(株)釣研では、2021年11月1日(月)から2022年1月31日(月)までの期間で、「釣研フォトコンテスト」を開催中。

グレ(メジナ)の部、チヌ(黒鯛)の部、マダイの部の3魚種の1尾長寸で競い、入賞者には豪華賞品を贈呈。
エントリー方法は、釣研ウェブショップからとSNSからの2通りから選べる。

賞品例は以下の通り。
・グレの部優勝…がまかつ がま磯グレ 競技スペシャルⅣ 1.25-53
・チヌの部優勝…ダイワ 銀狼唯牙AGS 06-53
・マダイの部優勝…豪華釣研製品 5万円相当

(出典:釣研公式ホームページ)

主なルールと写真撮影方法

対象魚は、期間中に釣研ウキで釣った魚のみ
・3魚種それそれ何度でもエントリー可能
・釣果撮影は釣り場で、魚が生きている状態で行うこと
・使用した釣研ウキ、魚、メジャーが写り込むように撮影する(メジャーの目盛りがしっかり読めるように撮影すること)

釣研フォトコンテスト、写真撮影のルール
(出典:釣研公式ホームページ)

エントリー方法

エントリー方法は、釣研ウェブショップに事前登録してからのエントリーと、SNS(フェイスブック、インスタ、ツイッター)にハッシュタグを付けて投稿する方法の2通りから選べる。

・釣研ウェブショップからのエントリー

釣研ウェブショップにアクセスし会員登録を行う
⑵エントリーページにて必要事項を入力し、写真を送る

この方法で釣果をエントリーすると、エントリー1回につき釣研ウェブショップで使える50ポイント(1ポイント1円)をもれなくプレゼント。

・SNSらのエントリー

事前登録不要で、自身で開設しているSNSアカウント(Facebook、Twitter、Instagram)に写真を投稿する。
「#釣研フォトコンテスト」を付けて本文に魚の寸法を明記すること。

結果は、2022年2月15日(火)に特設H‌Pにて発表。
ウェブショップからエントリーした人には、登録時の住所へ賞品を発送。SNSからのエントリーには、DMにて入賞の案内と名前・住所などの確認フォームが送信される。

詳細は、釣研公式ホームページまで。

関連記事

【ダイワ】「オーバーゼア AIR」軽量設計のソルトマルチロッド

【奧山文弥・理想的な釣り環境】釣り人の個性と幸福感、満足度について

イチバン・エイトグループが協力、JAF関西本部主催「初心者でも楽しめるフィッシング入門in平磯海づり公園」

【マルキユー】「アミ姫キララ」手を汚さず気軽にサビキ釣りが楽しめる

【釣りフェスティバル2022】出展申込み締切り期限延長!9月末までOK!

「サンラインバスファンカップ2022in津久井湖」結果発表!並木プロはじめバスプロ3名も参戦、気になる結果は?

【バレーヒル】「エビカーリー」エビシャッドファミリーに新たな仲間が追加!

【奥山文弥・理想的な釣り環境】良い指導者が増えないと、良い釣り人が増えない