宮津に業界人大集合!インショアフィッシングトーナメント開催、フッチーも参戦!【イチバンエイトグループ】

ニュース

6月13日、「イチバンエイト・インショアフィッシングトーナメントin宮津2024」が、京都府宮津市にある田井宮津ヨットハーバーを会場に開催された。

このイベントは大阪、兵庫、京都で大型釣具専門店を展開するイチバンエイトグループも推しているインショアゲーム(近海や湾内で手軽なタックルを使ってショア感覚で楽しむボートゲーム)の普及や、開催地である宮津市の地方創生の一環として、地域の活性化や宮津市と釣具業界の新たな繋がりを作る事を目的に開催された。

宮津市は天橋立など有名な観光名所もあるが、昔から釣り人に人気の場所だ。釣れる魚種も多く、青物、キス、チヌ、グレ、サバなどが釣れる。今年(2024年)7月には市制70周年として航空自衛隊機による「ブルーインパルス展示飛行」も行われるなど話題の場所だ。

さて、イベントには釣り関係者約50名が参加。前日には前夜祭も行われ大いに盛り上がった。釣りの当日は快晴で絶好のインショアゲーム日和となった。

イチバンエイトの宮津のイベントの様子
当日は絶好の釣り日和の中、大会は開催された

大会はチーム戦で釣ったキスの5尾重量で競われる。11隻のボートが宮津湾でキスを狙い、出船した。

当日はキスの釣果は小型が主体で、それほど良い状況ではなかったが、それでも入賞チームは良型のキスを次々と釣っていた。

イチバンエイト・インショアフィッシングトーナメントin宮津2024の大会風景
釣りの風景。宮津湾内は波も穏やかで釣りやすい。参加者も移動を繰り返しながらキスを釣っていた

また、釣りガールのフッチー(渕上万莉さん)も釣り番組の撮影を兼ねて大会に参加し、見事にキスを釣り上げていた。

キスを釣ったフッチー
キレイなキスをゲット!

午後1時が帰着の時間となるため、12時半を回るとボートが次々と港に戻ってきた。

昼食を済ませた後、表彰式となった。

カレー焼きそばを作るイチバンエイトスタッフ
昼食はイチバンエイトスタッフが準備した。宮津のソウルフードである「カレー焼きそば」も大好評だった

表彰式の前に地元、宮津市長の城﨑雅文市が会場を訪れ下記要旨の挨拶を行った。

宮津市の城﨑雅文市長
宮津市の城﨑雅文(きざきまさふみ)市長も会場を訪れ挨拶した

「宮津市にお越し頂き有難うございます。宮津市は日本三景の天橋立はさることながら、今年市制70周年を迎え飛躍の年にしたいと考えています。来月には記念イベントとしてブルーインパルスも飛んできます。釣りも楽しんで頂き、また宮津市にも来て頂きたいと思います」。

その後、表彰式が行われた。

良型のキス
表彰式の前に行われた検量の様子。小型が多いと言われながらも、しっかりと良型のキスを揃える参加者もいた
マゴチやキジハタなどの写真
キス以外の大物を釣り上げある参加者。インショアゲームはいろいろな魚が手軽に狙えるので面白い

優勝は、ささめ針と宇崎日新の合同チームとなった。優勝インタビューでは「たまたま山南町のチームとなり、参加者の中では宮津市に一番近い二社だと思います。宮津湾にもたまに釣りをしに来ていますので、運よく釣れたと思います」と話していた。

イチバンエイト・インショアフィッシングトーナメントin宮津2024の優勝チーム
優勝したささめ針と宇崎日新のチーム。キス5尾で356gだった

入賞者にはトロフィーと、またイベントに協力している宮津市の特産品も贈られた。地元の日本酒、米、ワイン、カレー焼きそばなどがあり大いに盛り上がっていた。

プリンセス天橋立
プレゼンテーターは第22代プリンセス天橋立の谷中深月さんが務めた

最後にイチバンエイトグループの八尾栄一社長より「城﨑市長、有難うございました。ぜひ、こういった大会をこれからもイチバンエイトグループで行い、釣りや地域を盛り上げていきたいと思います。参加者の皆様も2日間、楽しい大会になり有難うございました。また、これからも宮津にぜひ遊びに来て下さい」という挨拶が行われ、イベントは終了した。

イチバンエイト・インショアフィッシングトーナメントin宮津2024の集合写真
「宮津、サイコー!」の掛け声で記念撮影。イベントも大いに盛り上がり終了となった

関連記事 → 「釣りの聖地・五島列島」。長崎県五島市の野口市太郎市長を取材「釣りは大切な観光資源」。平和卓也プロも推薦「釣り人の夢の魚が全部いる!」 | 釣具新聞 | 釣具業界の業界紙 | 公式ニュースサイト (tsurigu-np.jp)

関連記事 → 【釣りを活用して地域活性化】フィッシングショーOSAKAの地方創生ブースで地域の魅力をPR!釣りファンも興味津々! | 釣具新聞 | 釣具業界の業界紙 | 公式ニュースサイト (tsurigu-np.jp)

関連記事 → 青野ダムで出るかロクマル!?金森隆志、岡友成、ゆたかボーイも本気で狙う「ロクマルチャレンジin青野ダム」【イチバンエイトグループ】 | 釣具新聞 | 釣具業界の業界紙 | 公式ニュースサイト (tsurigu-np.jp)

関連記事

【ハヤブサ】「濁り潮ストロング」荒天後の濁りに効く針

船長の判断で遊漁船を出船、荒天による事故で乗客が入院。責任は誰に?【弁護士に聞く】

【フジノライン】「ソフトテンカラ」初心者でも簡単にキャストできる安心設計

街中でも着られるフィッシングウエア。オシャレでリーズナブルな「Oraio(オライオ)」夏の新作を一挙紹介!

埼玉でオイカワの産卵床設置。継続した活動で魚も増加傾向、今後にも期待!

【12月22日】SWEN一宮店内に「イシグロ一宮店」新規オープン!アウトドアショップとのコラボでそとあそびをトータルサポート

釣りタレント・高本采実さん主催の清掃イベント。次回開催は6月26日(日)、参加者募集中!【日本全国爆釣プロジェクト】

【デュエル】「アオリーQロングキャスト」遠くまで飛ばせて攻略エリアが広がるエギ