地元の園児とキジハタ放流。子供達は魚に興味津々、賑やかな放流活動【岡山県倉敷市】

ニュース
日本釣振興会岡山県県支部のキジハタ放流の参加者

10月6日、公益財団法人日本釣振興会岡山県支部は、岡山県倉敷市大浜海岸の(株)下電ホテルのビーチで、キジハタの放流を行った。

参加したのは子供50名含め合計68名。

2年前は稚魚が入手できず中止となり、昨年は感染症対策の為スタッフのみでの実施だった。そのため、今回は3年ぶりの園児参加による放流となった。

下電ホテル協力のもとプライベートビーチにて放流を実施。三宝認定こども園の園児が50名も参加し、キジハタ合計3000尾を放流した。

日本釣振興会岡山県県支部のキジハタ放流の様子
50名の園児が参加し、報道陣も訪れ賑やかな放流活動となった

魚を観察後、掛け声と共に放流!3000尾のキジハタが海へ…

元アナウンサーの文屋役員の声掛けで多くの取材もあり、大変にぎやかな放流となった。大浜海岸は四国に面しており、とても綺麗な風景で、当日は曇天だったが十分絵になっていた。

栽培センター職員よるキジハタの説明を聞き、園児たちは興味津々にバケツの中の稚魚を観察していた。

日本釣振興会岡山県県支部のキジハタ放流の説明を受けている様子
キジハタの説明を受ける子供たち
日本釣振興会岡山県県支部のキジハタ放流で魚を観察する子供
キジハタの稚魚に興味津々だった

その後、掛け声とともに一斉に放流。波で砂浜に打ち上げられた稚魚をやさしく海へ帰す園児たち。大変良い情操教育になった。

日本釣振興会岡山県県支部のキジハタ放流の様子
日本釣振興会岡山県県支部のキジハタ放流の様子
良い教育の機会となり、園からも感謝された

「こんな素敵な体験をさせて頂いて有難うございました」と園よりお礼の言葉を頂き、スタッフも嬉しく感じた。

来年は別の場所で計画しているが、放流活動は今後も長く続けていきたいと思っている。

【提供:日本釣振興会岡山県支部・編集:釣具新聞】

関連記事

【シマノ】「ホリデー イソ」メガヒットロッドの進化形

【速報】フィッシングマックス武庫川店オープン!ワンフロアで見やすい店内。シーバス、タコ釣りは圧巻の品揃え!

【シマノ】ベイゲーム ヒラメ。繊細かつパワフル。リニューアルで大幅に進化

両面スリットフォームで効率的に収納!アシストライン絡みもなく、スムーズにフック交換が可能な「タイラバフックケースJ」

大阪の人気釣り場・茨木新池で「初心者のためのヘラブナ釣り教室」開催。家族で釣り満喫、スタッフも手厚くサポート

村上晴彦さん登場!富士工業のラジオ番組「OUTDOOR&FISHING」

パワハラ防止措置の義務化開始。企業が取るべき具体的な対策は?

管理釣り場「フィッシングステージ彩の国」オープン!初日から満員御礼!1時間で30尾超えの好釣果【埼玉県】