愛知県大入川でアマゴ約4万5000尾とアユを放流。地元の園児達もお手伝い!初めての放流体験に子供達も大はしゃぎ

ニュース
日本釣振興会愛知県支部のアマゴとアユの放流の様子
    

公益財団法人日本釣振興会愛知県支部では、5月10日(金)、「第3回北設楽郡大入川あまご稚魚放流(清掃)」を実施した。

この活動は、①愛知県豊根村の河川を清掃し釣り場と環境維持の活動を広める。②稚魚放流を実施して魚族資源の増殖をはかる。③魚の釣れる釣り場や釣り人を増やす為の環境作り。の3つを目的として行われている。

放流場所は、豊根村大入川黒川橋付近及び支流。放流量は、アマゴ約4万5000尾(日本釣振興会愛知県支部費用分は2万840尾)。その他、大入川漁協と愛知県水産課より、アユの稚魚放流も行われた。

日本釣振興会愛知県支部のアマゴとアユの放流の様子
活動の様子。地元の園児も参加し、楽しい活動となった
放流されたアマゴ
この日に放流されたアマゴ。約4万5000尾が旅立った

園児達が放流体験!初めて見る魚の稚魚に興味津々

活動の当日は快晴。放流活動には地元の杉の子保育園の園児達も参加し、賑やかな1日となった。

朝10時から、日本釣振興会愛知県支部の高橋支部長、大入川漁協の組合長、スタッフとして参加していた愛知県議会議員の中村竜彦氏から挨拶や活動の説明が行われた後、愛知県水産課の担当が園児に向けて、県の魚やアマゴ、アユについて説明。園児達も水槽に入れられた魚を観察し、興味津々に説明を聞いていた。

放流前に行われたお魚教室の様子
放流前に行われたお魚教室の様子

一通り説明が終わると、園児達にライフジャケットを着用させ大入川の河原に移動。園児達はバケツに分けられたアユとアマゴを放流していった。地元の協力により放流量も多く、参加した子供達も楽しそうに放流を行っていた。

日本釣振興会愛知県支部のアマゴとアユの放流の様子
放流の様子。園児達も初めての体験に大喜び!
日本釣振興会愛知県支部のアマゴとアユの放流の様子
子供達の安全に配慮して行われた
参加した園児達と記念写真

放流後は河原で清掃活動。午後は各支流で分散放流!

11時に園児達は解散。その後、残ったスタッフで河原の清掃を行った。廃タイヤや鉄板なども回収され、45Lのゴミ袋約18袋分のゴミが回収された。

清掃活動の様子
清掃活動の様子。広範囲を手分けして清掃した
清掃活動の様子
大型のゴミも多かった
清掃活動の集合写真
清掃活動の集合写真

午後からは、津具川、坂宇場川、富山方面に分かれ、分散して放流を実施。何カ所にも分けて行い、午後3時に全ての放流を終え、解散となった。

日本釣振興会愛知県支部のアマゴとアユの放流の様子
午後は各支流で複数箇所に放流
日本釣振興会愛知県支部のアマゴとアユの放流の様子
午前と合わせて、多くのアマゴとアユが放流された
放流の集合写真
放流活動の集合写真

なお、この活動の様子は、日本釣振興会愛知県支部公式ホームページや、公式YouTubeチャンネルからも確認出来る。

関連記事

神奈川県の各所でアオリイカの産卵床を設置。地域の小学生も総合学習の一環として参加、神奈川の海について学ぶ

【シマノ新製品】「STL101」偏光グラスのフラッグシップ。タレックスとのコラボで誕生

「水中清掃」累計600回実施、累計2万人以上参加、200トン以上のゴミ回収!【日本釣振興会】

【ダイワ】「ジグキャスター」基本性能の高いショアジギング入門ロッド

【シマノ】コンパクトスピニングリール「スフェロスSW」

「2019みんなで遊ぼうフィッシング祭りinしらこばと」11月10日に開催!

【マルキユー】「撥水ストレッチパーカMQ-01」「撥水ストレッチパンツMQ-02」

よりスムーズにルアーチェンジができる便利アイテム「MC スナップキャッチャー」で快適なルアーフィッシングを