IT導入補助金でデジタル化を実現しませんか?制度の概要や今年の変更点、活用事例を紹介

ニュース

企業経営に役立つ情報を紹介する「企業経営の名サポート」。最終回となる今回は、業務プロセスの改善や生産性の向上に役に立つ「IT導入補助金」について、制度の概要や今年度の変更点、活用事例や弊社の取り組みについて紹介します。

     

毎年、様々な補助金が発表される中で、業務プロセスの改善や生産性の向上に役に立つ補助金に注目が集まっています。この補助金は、企業がITツールやサービスを導入する際に支援を受けることができるものであり、その効果によりますます多くの企業が利用を検討しています。

本記事では、IT導入補助金の概要や今年度のポイント、活用事例などについて紹介します。

IT導入補助金とは?

中小企業・小規模事業者等の労働生産性の向上を目的として、業務効率化やDX等に向けたITツールの導入を支援するための補助金です。

これにより、日々の業務を効率化し、企業の競争力向上を図ることができます。また、昨年からはインボイス制度対応への優先的な支援も行われています。

補助対象となる事業者は?

中小企業・小規模事業者等です。業種ごとに基準が異なるため、IT導入補助金の公式ホームページで詳細を確認する必要があります。

IT導入補助金の概要

2024年度のIT導入補助金は、「通常枠」、「インボイス枠(インボイス対応類型)」、「複数社連携IT導入枠」、「セキュリティ対策推進枠」の4つの類型枠で構成されています。枠ごとに補助率、補助額、申請要件などが異なります。

今回は申請数の多い通常枠とインボイス枠(インボイス対応類型)についてご紹介いたします。

・通常枠

通常枠の補助率・補助枠(サービス等生産性向上IT導入支援事業事務局ポータルサイトより引用)

業務効率化や売上向上など、自社の課題やニーズに合ったITツールの導入経費を一部補助します。プロセス(業務種別)数によって補助額が変動します。補助率はどの枠でも2分の1です。

また、通常枠では、下図の中から少なくとも1種類の業務プロセスを保有する必要があります。

ITツールの要件(サービス等生産性向上IT導入支援事業事務局ポータルサイトより引用)

RPAなど他業務にも利用できるようなITツールは汎用プロセスに該当し、単独では交付申請できませんが、他の業務プロセスと組み合わせて交付申請が可能です。

対象経費は、ソフトウェア・オプション・役務となります。


・インボイス枠(インボイス対応類型)

インボイス枠(インボイス対応類型)の補助率・補助額(サービス等生産性向上IT導入支援事業事務局ポータルサイトより引用)

インボイス枠(インボイス対応類型)は、労働生産性向上を目的として、インボイス制度に対応した会計・受発注・決済ソフトを導入する際に活用できます。

また、PC・タブレットなどのハードウェアの導入費用も支援されます。

対象経費は、ソフトウェア・オプション・役務となります。

IT導入補助金2024のポイントと変更点

1.デジタル化基盤導入枠の廃止とインボイス枠の新設
インボイス枠はデジタル化基盤導入と同様の制度となり、導入するソフトウェアを使用するためのPCやタブレットなどのハードウェアも対象となります。

2.インボイス枠の補助対象ITツール見直し
インボイス枠において、対象ソフトは会計・受発注・決済ソフトとなりますが、インボイス制度に対応していないソフトウェアは対象外です。

3.ECソフトは対象外

4.インボイス対応類型の補助率拡大
インボイス対応の類型(会計・受発注・決済ソフト)において、補助率がさらに拡大します。小規模事業者に対しては、最大5分の4の補助が行われます。

IT導入補助金活用事例

1.顧客情報管理システムを導入いただいた企業様は、顧客情報を統合管理し、サービスの質と効率を向上させることができました。顧客とのコミュニケーションが円滑化し、より良いサービスを提供しています。 

2.生産管理システムを導入いただいた企業様は、生産計画や在庫管理、品質管理などの生産管理業務を効率化することに成功しました。生産プロセス全体が可視化されたことで、生産性が向上し、一貫した品質にも繋がっています。

3.会計ソフトを導入いただいた企業様は、請求書の作成と送付が自動化され、請求処理のスピードが向上しました。経理作業が効率化され、財務管理をより効果的に行っています。

スケジュール

現在発表されている最終締切日は、通常枠もインボイス枠(インボイス対応類型)も、2024年5月20日 (月) 17時です。今後随時更新されますので、公式ホームページでご確認ください。

IT導入補助金は、業務プロセスの改善や生産性向上など、企業の成長と競争力強化に貢献することが期待されます。

弊社の取り組み:経験と実績に裏付けられたIT導入支援

IT導入補助金の最大の特徴は、IT導入支援事業者との共同申請が可能であり、初めての方もIT導入支援事業者のサポートを受けながら申請できる点です。

当社はIT導入補助金が開始された2017年より、IT導入支援事業者として登録しており、多岐にわたる経験と実績を積み重ねてきました。

昨年度も、数多くのお客様のIT導入における支援を行いました。昨年度の実績では全国平均を上回る高い採択率を達成し、特にデジタル化基盤導入類型では100%の採択率を記録しました。

今後も、お客様が安心してIT導入補助金を活用できるよう、交付申請から効果報告まで、丁寧なサポートを提供してまいります。

弊社のIT導入補助金 2023年の採択率

A類型(通常枠):86.3%(全国平均75.6%)

デジタル化基盤導入類型: 100%(全国平均76%)

IT導入補助金に関するご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ先
株式会社エイコー
TEL 0120-506-815
E-mail eicoh-inside@eicoh.com
公式H‌P https://www.eicoh.com/

関連記事

【上州屋&VARIVAS】11月17日(日)に山中湖で 「ドーム船ワカサギフェスタ」

ライトスタイルやアユイングにも最適。コンパクトな「友バッグⅡ360/ 550」

【シマノ】「ネクサーブ」フィールドを問わず使える汎用性を追求

簡単にエサ付けができて、アミノ酸配合で食い込みも抜群。常温保存可能で便利な「ハゼほたて」

【ルミカ】高輝度LEDウキ「烈光」にホワイトカラーが登場

子どもも大人も楽しめる「家族釣りの祭典」大盛況!釣り大会、放流、釣り教室と盛りだくさん

【フィッシングショーOSAKA2020】近年最大規模で開催、6万人目指す

【シマノ】ショアキャスティングモデル「エンカウンター」