「未来から来た釣り人」がゴミ袋ならぬ“ギョミ袋”を配布!都内・横浜の釣り場で便利なケース付きゴミ袋をもらおう

ニュース
ギョミ袋配布イベントのバナー

10月28日(土)、一般社団法人日本釣用品工業会では、釣りマナー向上を目的に、ゴミ袋ならぬ“ギョミ袋”を配布する。

配布場所は都内の豊洲ぐるりパーク、横浜市の本牧海づり施設と⼤⿊海づり施設。

当⽇は、釣りマナー啓発活動の応援サポーターである、釣りマナーが改善された「未来から来た釣り⼈」が、釣り⼈や施設内にいる人々に向けてギョミ袋を配布するほか、ギョミ袋を活⽤してゴミを拾う清掃活動を実施する。

未来から来た釣り人
当日は公園に「未来から来た釣り⼈」が出現!?ぜひ会いに行って、「ギョミ袋」をもらってみては?

釣り人にも好評!持ち運びに便利な「ギョミ袋」をゲットしよう!

ギョミ袋はカラビナが付いているため、カバンやズボンに着⽤して簡単に持ち運びが出来る。⾃宅にあるレジ袋などを⼊れて、使いたい時に袋を出すことができるため、釣りゴミはもちろん、レジャーに⾏く際のアイテムとしても便利だ。

ギョミ袋使用イメージ
カラビナ付きで持ち運びに便利
ギョミ袋使用イメージ
必要な時にすぐに取り出せる!

なお、このギョミ袋配布イベントは、今年の7月17日(海の日)にも行われ、ギョミ袋を受け取った人からは、「使い勝手が良くて便利」と好評だった。

7月の配布イベントの様子はコチラ → 都内の公園に「未来から来た釣り人」が出現!?ゴミ袋ならぬ“ギョミ袋”を無料配布。釣りマナー向上目指す

前回の配布イベントの様子
前回の配布イベントの様子

⽇本釣⽤品⼯業会では、ギョミ袋の配布をはじめ、「てはじめにマナー」というキャッチコピーのもと、今後も釣り⼈がマナーを守って釣りを楽しめるよう、マナー啓発の強化に取り組んでいく。

日本釣用品工業会では、「てはじめにマナー」特設サイトも公開中。ぜひサイトをチェックして、安全に、そしてマナーを守ったうえで釣りを楽しんでほしい。

関連記事
釣り人に大好評!ゴミ袋ならぬ「ギョミ袋」に込められた想いとは?日本釣用品工業会が行うユニークなマナー啓発
Amazonギフト券3万円分が当たる!「釣りマナー川柳」大募集。釣りマナーのエピソードを5・7・5で応募してみよう!
マナーの良い釣り人は「ゴイゴイスー!」釣りマナー向上大使にダイアンが就任

関連記事

【てはじめにマナー】釣りマナー向上呼び掛け。ポスターやステッカーを釣具店に配布

【大阪湾クリーン作戦】北港と南港の釣り場を関係者らで一斉清掃。ゴミは持ち帰りましょう!

タックルバッグをカスタマイズできる「カスタムロッドスタンドPA-01」は手返し向上で釣果アップにも繋がる便利アイテム

最新テクノロジーを纏った限定仕様「プレッソ LTD AGS 20th Anniversary」3アイテムが登場

釣り具開発のお仕事にチャレンジ!ハヤブサ・HAPの海のお仕事体験プログラム

小さな子供もキスを釣り上げ大喜び!「JFWファミリーキス投げ釣り教室」新潟の網代浜で開催

【ハヤブサ】「フリースライド VS ヘッドプラス」誰でも使いやすく、コストパフォーマンスに優れたスタンダードなタイラバ

魚に味覚はあるのか?コイを使った実験で検証!気になる結果は…?