徳島で稚魚放流&釣り体験サポート!磯釣りのメッカ・牟岐大島でグレ200㎏を放流

ニュース
グレ放流の様子

7月16日(日)、徳島県の牟岐大島にてグレの稚魚放流と、古牟岐港にて港釣り体験が行われた。

主催者は、一般社団法人MUGI OCEAN ACADEMY。共催は、公益財団法人日本釣振興会徳島県支部、牟岐町観光協会、県立牟岐少年自然の家、EK NEXT合同会社。

午前8時、古牟岐港に集合。トラックには200㎏、概ね2000尾の可愛いグレの稚魚が港に到着していた。今回の放流魚のサイズは15㎝ほどだった。

放流されたグレ
可愛いグレの子供達

まず、宇和島から到着した稚魚を運搬したトラックを背景に関係者で集合写真を撮影。

参加したスタッフ
活動に協力したスタッフ

その後、放流に協力する金毘羅丸、海漁丸が到着し、船へバケツリレーで稚魚を運搬。放流活動に協力する一般の家族も合流し、牟岐大島へ向けて出港した。

グレの運搬の様子
稚魚を運搬している様子
グレの運搬の様子
協力して次々と船に積み込んでいく
グレの放流に協力した船
放流に協力する船
グレの放流に協力した船
放流に協力する船

牟岐大島湾内に停泊し放流準備が完了すると、掛け声とともに放流を開始。

グレの放流に協力した船
牟岐大島湾内にアンカリングして停泊し、放流準備
グレの放流の様子
いよいよ放流開始!
グレの放流の様子
元気なグレが大海原へ…
グレの放流の様子


無事に全ての放流を終えると、船は牟岐大島を後にした。

放流の後は釣り教室!気になる釣果は…?

午後からは、釣り教室がスタート。

まずは座学から行い、竿の伸ばし方や使い方、エサの付け方などを学んだ。

釣り教室の様子
ぬいぐるみを使ってエサの付け方を実演

その後、古牟岐港で実釣を開始。

エサ取りが多い状況だったが、何とかウキのアタリを捉え魚を上げると、各所で歓声があがった。ネンブツダイやフグが多かったが、尾長グレも釣れていた。

釣り教室の様子
座学で覚えた事をさっそく実践!
釣り教室の様子


その後、参加者は釣った魚を水槽で観察。豊かな自然を思い切り楽しむことが出来たイベントとなっていた。

釣り教室の様子
釣った魚をみんなで観察

【提供:日本釣振興会徳島県支部・編集:釣具新聞】

関連記事

【第6回】滋賀県安曇川廣瀬漁協に見る漁場管理者のプロ意識~これからの時代の漁場管理と釣り人へのサービス考察~

小学生大喜び!キジハタ放流、清掃活動も実施。「もっとやりたい!」と積極的

「サンラインバスファンカップ2022in津久井湖」結果発表!並木プロはじめバスプロ3名も参戦、気になる結果は?

宮城の塩釜でマダイを1万5000尾放流。釣具店「キャスティング」のスタッフも活動に協力

釣りとは無縁の仕事からロッドビルダーに。そのキッカケとは…?ラジオ番組「OUTDOOR&FISHING」佐野直樹さん出演

【ダイワ】「アナリスターアオリ」アオリイカ専用のロングロッド

【改電子帳簿保存法】令和4年1月から施行。2年の猶予期間もあるが、具体的な対応策は?

プロダイバーが広島と千葉の漁港で水中クリーンアップ活動を実施!釣り人や地域に喜ばれる活動を継続【LOVE BLUE】