兵庫の釣り場でマコガレイの稚魚を放流!約2万尾の小魚が大海原へ旅立つ

ニュース
日本釣振興会兵庫県支部のマコガレイの放流の様子(明石)
兵庫県内の複数の釣り場でマコガレイの放流が行われた(写真は明石地区での様子)

公益財団法人日本釣振興会兵庫県支部では、6月7日(水)、マコガレイの稚魚放流を行った。
 
同支部では、マコガレイの放流は今回で13回目となる。

放流場所は、尼崎地区(武庫川河口、尼崎釣り公園付近、尼崎フェニックス周辺)、神戸地区(平磯海づり公園、福田川河口、塩屋海岸)、明石地区(東二見漁港)。

当日は午前7時半に尼崎地区から順次放流を開始。

9時半に神戸地区、11時に明石地区と3カ所にそれぞれ6700尾、3カ所合計2万100尾の稚魚を放流した。

日本釣振興会兵庫県支部のマコガレイの放流の様子(明石)
尼崎、神戸、明石に6700尾ずつ放流された
日本釣振興会兵庫県支部のマコガレイの放流の様子(神戸)
神戸地区での活動の様子
日本釣振興会兵庫県支部のマコガレイの放流の様子(尼崎)
尼崎地区での活動の様子
日本釣振興会兵庫県支部のマコガレイの放流の様子(尼崎)
尼崎地区での活動の様子

稚魚のサイズは例年より小さく、体長3~4㎝ほどだった。

参加者は尼崎16名、神戸22名、明石12名の総勢50名が参加。

日本釣振興会兵庫県支部のマコガレイの放流の参加者(神戸)
神戸地区の参加者

明石地区では放流時に鵜が飛来して来て追い払うハプニングもあったが、無事に放流を実施することが出来た。

また、神戸地区には「トライやるウィーク」(兵庫県が中学2年生を対象に行っている体験活動)で研修中の中学生も参加した。

日本釣振興会兵庫県支部のマコガレイの放流に参加した中学生
神戸地区では「トライやるウィーク」の一環で、中学生も参加した

【提供:日本釣振興会兵庫県支部・編集:釣具新聞】

関連記事

【テイルウォーク】「HI-TIDE TZ」チタンフレーム&トルザイトリング搭載シーバスロッドに2機種追加

タイラバ始めるならまずはこれ!エリア別に厳選された「紅牙ベイラバーフリーβスターターキット」

キープキャストで大好評!日本釣振興会愛知県支部が出展。放流募金額が過去最高額更新、スクラッチカードも大好評

海に落としても安心!海に還るエサ容器「ベイトバガスパック」【フィッシングマックス】

【マルキユー】「マルキユーハイエンドジップアップシャツ 01」吸水速乾に優れたシャツ

【大藤つり具】「バスキャッチR」コルクグリップのおしゃれなバスロッド。初めての1本に最適!

【マルキユー】「パワーバッカンセミハードTRⅦ」存在感溢れるデザインのハイエンドバッカン

【日本釣振興会大阪府支部】「ファミリーマス釣り体験」で釣りの楽しさ体感!72名が参加