釣竿の表示は合っている?全長・自重等を実際に計測。【全国釣竿公正取引協議会】

ニュース
全国釣竿公正取引協議会の会員対象調査の様子

12月22日、東京都中央区八丁堀にある日本フィッシング会館で、全国釣竿公正取引協議会(藤井治幸会長)の「会員対象調査」が実施された。

この会員対象調査は、全国釣竿公正取引協議会の会員企業に釣竿を送付してもらい、同会の調査指導委員が釣竿の全長、自重、先径、元径等を実際に計測し、正しく表示が行われているかを調査するというものだ。

今回は会員46社から送られた各ジャンルの釣竿47本についての調査が行われた。調査は調査指導委員会の委員が担当した。

調査では簡単な打ち合わせの後、調査指導委員が2人1組になり、全長や自重、また計器を使い先径や自重を計測し記録していった。

全国釣竿公正取引協議会の会員対象調査の様子
釣竿の長さをはじめ、様々な項目が調査される
全国釣竿公正取引協議会の会員対象調査の様子
調査は2人1組になって行われる

また釣竿に付いているタグやケースに表示されている数値と差異がないかの確認も行われた。

全国釣竿公正取引協議会の会員対象調査の様子
表示と照らし合わせて、調べた数値と差異がないか確かめる

今回の調査結果については後日、全国釣竿公正取引協議会の理事会でも発表され、対応が必要な場合は、該当している会員企業に確認や指導が行われる。

全国釣竿公正取引協議会の会員対象調査の様子

全国釣竿公正取引協議会では、今回の会員対象調査以外にも、専門機関に依頼して釣竿の繊維含有率の検査等も行っている。

また店頭調査では会員以外の釣竿の表示についても調査するなど、消費者保護のための活動を続けている。

関連記事 → 釣り竿の全長、自重、原産国等の表示を店頭調査。消費者保護のための活動を継続

関連記事 → 人気YouTuber・マルコスがモデル!「釣竿公正マーク」の周知ポスター秋冬版公開【全国釣竿公正取引協議会】

関連記事

ビッグサイズもお目見え!「トラウトパビリオン祭り2024」アルクスポンド宇都宮で開催。初心者やファミリーも釣りの楽しさ体験

ライトスタイルやアユイングにも最適。コンパクトな「友バッグⅡ360/ 550」

グローブライド、2023年度3月期売上高1300億円超。前年比11.5%アップ

【Oland】ニューデザインのキャップ3モデルが登場

【海野徹也】魚に愛、自然に感謝、釣り人に幸。~種苗放流の実績と動向~

【ダイワ】「CERTATE SW」モノコックボディを搭載したビッグゲーム対応大型スピニングリール

【シマノ】「KAWAHAGI BB」ハイパワーXを搭載した軽量で操作性の高いカワハギ用ロッド

見事、全員安打!「KFS鮎釣り初心者講習会in神戸川」。初心者がアユ釣りの楽しさ堪能