【シマノ】「サルベージプレート」しっかり飛んでトラブルレスのメタルバイブ

製品情報

ノートラブルのメタルバイブ

シマノから「エクスセンス サルベージプレート」が登場。

一日の釣りの中でも使用頻度が高いメタルバイブは金属ボディで飛距離が出るため、ライントラブルは徹底的に排除したいアイテムだ。

シマノエクスセンスサルベージプレート
SHIMANO TV公式チャンネル 動画での1シーンより引用 https://www.youtube.com/watch?v=y6R4nEi6fgM

サルベージプレートは飛行中の姿勢と着水時の姿勢に注目し、最も発生しやすいライントラブルを低減させる独自のプレート形状とウェイトバランスに仕上げている。

アクションはタイトロールを中心とした小刻みなバイブレーションで、高速巻きでもしっかり泳ぐ設計だ。

シマノエクスセンスサルベージプレート
シマノエクスセンスサルベージプレート
着水時のライントラブルを防ぐシマノ独自の形状だ

パイロットモデルの115S、飛びとレンジに特化した115ES

「サルベージプレート」には115S(シンキング) / 115ES(エクストラシンキング)の2モデルがラインナップされている。

それぞれのサイズでの平均飛距離は、Sでは77.5m、ESでは83.2mを記録している。

ミノーと同じように広範囲を探りながら釣るのは28gのSがオススメ。サーフや防波堤のように飛距離やもっと深いレンジを引きたい時には36gのESがオススメだ。

シマノエクスセンスサルベージプレート

カラーは全8種、それぞれのカラーにリアリズムを追求したシマノオリジナルの鱗模様「狂鱗」がデザインされている。
価格は1400円だ。

詳細はシマノ公式ホームページから。

シマノエクスセンスサルベージプレート
全8種のカラーリングは「狂鱗」でデザインされている

関連記事

【マルキユー】「BチヌⅡ(ツー)」先打ちタイプの渚釣り専用配合エサ

【オーナーばり】「手巻 忍ヤマメ」渓流針にタフワイヤー素材を初採用

【サンライン】「松遠」松田ウキシリーズ最大寸の超遠投モデル

【明邦化学工業】システム収納が可能「タチウオテンヤケース L」

(公財)日本釣振興会和歌山県支部、濱ノ瀬漁港、戸津井漁港2カ所でチヌ(クロダイ)の稚魚1万2000尾放流

【ささめ針】「こんなんなんぼあってもええハサミ」刃先が丸くポケットに入れて持ち運び可能

【がまかつ】「がま磯 ブラックトリガー」遠投性能が高いチヌ用ロッド

【オーナーばり】「DT-46TN ドレストリプル」水温の影響を受けにくい天然獣毛を採用