【モーリス】「キャンバス #8.6 (追加規格)」トップマイスター伊藤雄大監修フック

製品情報
キャンバス #8.6 (追加規格)

 モーリスがオススメしている2021注目アイテムの1つは「キャンバス #8.6 (追加規格)」

 サイズ別最適形状設計のエリアトラウトフック「キャンバス」に追加規格が登場。
 エリアトラウト界の絶対王者、トップマイスター伊藤雄大監修のフックだ。

 番手別最適形状設計により、シチュエーションに合わせたベストなフッキングを実現している。

 #8と#6の超融合。幅広いアプローチに対応する優等生なキャンバス#6。その形状のまま、中~小規模エリアで多投されるルアーに合わせて、#8のサイズ感で再設計したのが#8.6(通称:ハチロク)。

 マイクロスプーンはもちろん、ミニサイズクランクの早引きやミノーにもベストマッチする。

その他モーリスの注目アイテムはこちらをチェック!
「フィッシングショーOSAKA2021 Web&TV」モーリス2021注目アイテム

フィッシングショーOSAKA2021 Web&TV」公式ホームページ
https://www.fishing.or.jp/index.jsp

関連記事

【ゴールデンミーン】「GM FT(フリーズテック)」シリーズ、汗と風で驚異の冷感が持続する

【バリバス】「BASIC セットM」ビギナーでも簡単にエサがつけられるへら用のエサ

【日本釣振興会和歌山県支部】人気レジャースポット2カ所でヒラメの稚魚放流。地元小学生も参加

【ダイワ】動画サイト「DAIWA CHANNEL(ダイワチャンネル)」開局

【ハヤブサ】「スクイッドジャンキーライブリーダート」生感をとことん追求した次世代のエギ

【富士工業】オリジナルエコバッグを制作。小さな取り組みから大きな環境保護の流れに

【ハヤブサ】光電子素材で遠赤外線の効果を実感!FREEKNOT秋冬アンダーウェアモニターキャンペーン開催

【土肥富】「レンジクロスヘッド」かすかなバイトも高確率でフッキングする針