【富士工業】「マルチフックキーパー(MHKM)」取り付け簡単、安全便利なロッド保護アイテム

製品情報
マルチフックキーパー(MHKM)

 富士工業(FUJI)から「マルチフックキーパー(MHKM)」が登場。

 「マルチフックキーパー(MHKM)」は、ラッピング&コーティングの手間いらずで、取り付け簡単な後付け型フックキーパーだ。

マルチフックキーパー(MHKM)Wロック機構
ボディとフックで釣針を挟みホールドするため、従来品よりもルアー外れを防止できより安全・安心に釣り場までの移動をすることが可能
マルチフックキーパー(MHKM)開放型フック
オフセットフックやダウンショットリグをより掛けやすくするために、開放型のステンレスフックを採用。オフセットフックの針先をワームから引き抜かずに、フックキーパーへ簡単に掛けることができる
マルチフックキーパー(MHKM)取り付け方法
ゴムリングで自由に取り付け位置を調整することができる


 安全・安心のWロック機構(PAT.P)等を採用したMHKM(マルチフックキーパー)。

 ガイドフレームやベール等に針をかけ不意に外れて怪我をしないように、また大切なロッドやリールを守る為にもロッドにはフックキーパーの取り付けをオススメする。

マルチフックキーパー(MHKM)カラーラインナップ
カラーラインナップは全4色


 カラーはゴールド、シルバー、ブラック、レッドの4色。

 製品の詳細ページ → https://www.fujitackle.com/plus/2020/09/mhkm01/

 詳細は、富士工業(FUJI) https://www.fujitackle.com/information/3321/

 関連記事 → 【FUJI TACKLE PLUS+(フジタックルプラス)】ロッドビルディング、注目の最新情報、世界のショップオーナーへのインタビューなど情報満載のコンテンツ

関連記事

【オーナーばり】釣りに関する質問募集!「つりばりサロン」期間限定オープン

(公財)日本釣振興会神奈川県支部、神奈川県横須賀市「海辺つり公園」にメバルの稚魚5000尾放流

【大阪湾クリーン作戦】北港と南港の釣り場を関係者らで一斉清掃。ゴミは持ち帰りましょう!

【マルキユー】製品特徴をしっかりキープ「パワーイソメ保存液」

日本釣振興会大阪府支部が大阪南部にある小島漁港で水中清掃を実施

【サンライン】「シグロンベーシック10m」基本性能が充実したオールマイティーライン

【ヴァンフック】「マイクロジグアシスト」小型青物、マダイ、根魚狙いなどに最適なアシストフック

だからキジハタ(アコウ)はよく釣れる?大阪栽培漁業センターを取材