【がまかつ】「T1(ティーワン)楽勝サカサ(ハリス止式)」高靱性素材T1を採用

製品情報
「T1(ティーワン)楽勝サカサ(ハリス止式)」

 がまかつから「T1(ティーワン)楽勝サカサ(ハリス止式)」が登場。

 使いやすさと耐久性に優れているのが特長の鮎針だ。

 非常に持ちやすく、打ちやすい形状とナノスムースコートにより抵抗なくサカサを打つことができ、高靱性素材「T1」を採用したことにより、針先の鋭さが持続し手返しアップに繋がる。

 ハリス止は大穴タイプで通しやすく、蛍光ピンク塗装により視認性が抜群。6号には大鮎狙いに対応したハリス止を採用した。サイズは、3号-6号。価格は1000円。

 詳細は、がまかつ http://www.gamakatsu.co.jp/

関連記事

【バレーヒル】「Aji-ta(アジータ)」ソフトマテリアル採用で吸い込みが抜群なアジング用ワーム

「TOKYO OUTDOOR WEEKEND 2020」9月12日開催、全国どこからでも参加できるアウトドアの祭典

【サンライン】「SIGLON PE×4」オールジャンルで使え、コストパフォーマンスが高いPEライン

【バレーヒル】「TG ネイルシンカー RB」タングステンながら低価格を実現

【マルキユー】「オールウェザースーツTR-01」機動性と快適性を追求したウエア

【ハヤブサ】「濁り潮ストロング」荒天後の濁りに効く針

【フィッシング遊】ヒラメの稚魚を放流。「SDGs宣言」のもと地域貢献、三重県S‌D‌Gs推進パートナーにも登録!

【釣りフェスティバル2021オンライン】見所紹介!第12代アングラーズアイドルが1月24日、ついに決定!