AGS&メタルトップ採用。2ピース最軽量クラスの「メタリア カワハギ」は高コスパの注目アイテム

製品情報

繊細な船カワハギ釣りにおいて、重要視されるのは、ロッドの感度。

船カワハギシーンで、ロッドの進化はとどまらず、高感度化、軽量化が加速。

また、ワンピースが常識とされていたカワハギロッドも、近年2ピース化が進み、携帯性、利便性も向上。

そんな、変化を続ける船カワハギシーンに、注目のアイテムが登場しました。

それが、「メタリア カワハギ」。

メタリア カワハギ

メタリアカワハギ

メタリア カワハギ

穂先には、超弾性チタン合金の「メタルトップ」を採用。本命とエサ取りのアタリの違い、竿先にわずかに現れるモタレアタリなど、瞬時に手元まで情報を伝達。

また、穂先部には「AGS」を搭載し、「メタルトップ」との組み合わせにより、高感度を獲得しています。

メタリア カワハギ
「ZERO_SEAT」

リールシートの新しい設計思想「ZERO_SEAT」を採用し、軽量化とグリップ性を画期的な中空構造で両立した「キャビティトリガーシート」を搭載。

メタリア カワハギ

携帯性、輸送に便利なセンターカット2ピースを採用。2ピースのカワハギロッドでは最軽量クラスのモデルとなっています。

メタリア カワハギ

コスメにも高級感を持たせ、シンプルで洗練されたデザインも特長の、全4モデルのラインナップ。

S/MH-175・W

メタリア カワハギ

スローテーパーな穂先により、アタリをはじかず、オートマチックに食わせやすい7:3調子。ゼロテン時などの目感度にも優れている1本。

M-175・W

メタリア カワハギ
30号負荷時

釣り方を選ばず、バランスよく対応するスタンダードの8:2調子のオールラウンダー。食わせやすさと誘いやすさのバランスを追求したモデル。

MH-175・W

メタリア カワハギ
30号負荷時

8:2の硬調子設計により、アタリに対してタイムロスなく合わせることが可能。操作性重視の釣りには最適な攻めの調子。

MHH-175・W

メタリア カワハギ
30号負荷時

鋭敏な9:1の極先調子設計。繊細なアタリを捉えて、タイムロスなく合わせることが可能。攻めの釣りに威力を発揮する掛け調子の1本。

品名全長(m)継数(本)仕舞(cm)自重(g)先径/元径(mm)錘負荷(号)カーボン含有率(%)メーカー希望
本体価(円)
S/MH-175・W1.75292650.6/9.820-409940,000
M-175・W1.75292660.6/9.820-359940,000
MH-175・W1.75292670.6/9.820-409940,000
MHH-175・W1.75292710.7/9.820-409940,000

アグレッシブな船カワハギ釣りに、最適な1本が見付かるはず。コスパも高い「メタリア カワハギ」で、旬の釣りを楽しまれてはいかがでしょうか。

詳細は、ダイワ公式ホームページまで。

関連記事

【海野徹也】魚に愛、自然に感謝、釣り人に幸。放流の問題、放流直後の生存

【明邦化学工業】「VS-7090N」リフトアップシステム搭載!タックルの出し入れがスムーズに

【ダイワ】エギング専用リール「エメラルダスLT」

【もりげん】「GOGOテトラ」シンプルな仕掛けで、誰でも簡単に釣りを楽しめる

茨城県土浦市で水中清掃を実施。プロダイバーが霞ヶ浦に潜りゴミを回収【LOVE BLUE~地球の未来を~】

【あなたのライジャケは大丈夫?】釣りフェスで無償点検と自主点検・パーツ交換講習会を開催【釣りフェスティバル2024】

【テイルウォーク】「METALZON SSD」オモリグにも幅広く対応するスタンダードシリーズ

【山豊テグス】「ナイロンショックリーダー蛍光紫」低光量下でも見えやすいライン