AGS&メタルトップ採用。2ピース最軽量クラスの「メタリア カワハギ」は高コスパの注目アイテム

製品情報

繊細な船カワハギ釣りにおいて、重要視されるのは、ロッドの感度。

船カワハギシーンで、ロッドの進化はとどまらず、高感度化、軽量化が加速。

また、ワンピースが常識とされていたカワハギロッドも、近年2ピース化が進み、携帯性、利便性も向上。

そんな、変化を続ける船カワハギシーンに、注目のアイテムが登場しました。

それが、「メタリア カワハギ」。

メタリア カワハギ

メタリアカワハギ

メタリア カワハギ

穂先には、超弾性チタン合金の「メタルトップ」を採用。本命とエサ取りのアタリの違い、竿先にわずかに現れるモタレアタリなど、瞬時に手元まで情報を伝達。

また、穂先部には「AGS」を搭載し、「メタルトップ」との組み合わせにより、高感度を獲得しています。

メタリア カワハギ
「ZERO_SEAT」

リールシートの新しい設計思想「ZERO_SEAT」を採用し、軽量化とグリップ性を画期的な中空構造で両立した「キャビティトリガーシート」を搭載。

メタリア カワハギ

携帯性、輸送に便利なセンターカット2ピースを採用。2ピースのカワハギロッドでは最軽量クラスのモデルとなっています。

メタリア カワハギ

コスメにも高級感を持たせ、シンプルで洗練されたデザインも特長の、全4モデルのラインナップ。

S/MH-175・W

メタリア カワハギ

スローテーパーな穂先により、アタリをはじかず、オートマチックに食わせやすい7:3調子。ゼロテン時などの目感度にも優れている1本。

M-175・W

メタリア カワハギ
30号負荷時

釣り方を選ばず、バランスよく対応するスタンダードの8:2調子のオールラウンダー。食わせやすさと誘いやすさのバランスを追求したモデル。

MH-175・W

メタリア カワハギ
30号負荷時

8:2の硬調子設計により、アタリに対してタイムロスなく合わせることが可能。操作性重視の釣りには最適な攻めの調子。

MHH-175・W

メタリア カワハギ
30号負荷時

鋭敏な9:1の極先調子設計。繊細なアタリを捉えて、タイムロスなく合わせることが可能。攻めの釣りに威力を発揮する掛け調子の1本。

品名全長(m)継数(本)仕舞(cm)自重(g)先径/元径(mm)錘負荷(号)カーボン含有率(%)メーカー希望
本体価(円)
S/MH-175・W1.75292650.6/9.820-409940,000
M-175・W1.75292660.6/9.820-359940,000
MH-175・W1.75292670.6/9.820-409940,000
MHH-175・W1.75292710.7/9.820-409940,000

アグレッシブな船カワハギ釣りに、最適な1本が見付かるはず。コスパも高い「メタリア カワハギ」で、旬の釣りを楽しまれてはいかがでしょうか。

詳細は、ダイワ公式ホームページまで。

関連記事

釣具のコンビニ!?「いつでも餌蔵」が若松響灘店にオープン。24時間利用可能で急な買い物に超便利!

【モーリス】「VARIVAS・New Era 59FIFTY Dog Ear VAC-62」人気のニューエラのヘッドウエアをベースにしたバリバスモデル

【富士工業】「リグスベルシリーズ」様々な仕掛けに使えるリグパーツ

トータルバランスの高いがまかつのバスフィッシング用オフセットフック「ワーム333」

【ハヤブサ】「FREEKNOT レイヤーテックアンダータイツスタンダード」遠赤外線の効果で身体を温める光電子素材採用

【テイルウォーク】「OUTBACK BEYOND」富士工業のNEWガイドシリーズMobile-K(モバイルK)を採用した振り出しロッド

釣果投稿で豪華賞品がもらえる!「2023春のエギングスタジアムキャンペーン」開催【釣研】

【家族で楽しもう!】「ファミリーハゼ釣り大会2022」9月25日(日)に開催。入賞者には豪華賞品も