琵琶湖ビッグバス対応。プロガイド大西健太がカタチにしたニュースピナーベイト「ジャングルウォーカー」

製品情報

ハイプレッシャー化するバスフィッシングフィールド。
日本のビッグフィッシュレイクを代表する琵琶湖もその1つで、決してイージーな状況とは言えません。

それでも、価値ある1尾を釣りたい。琵琶湖プロガイドの大西健太さんがカタチにしたのが「ジャングルウォーカー」。

ジャングルウォーカー

ジャングルウォーカー

開発コンセプトは「近年のシビアな琵琶湖でビッグバスが釣れるスピナーベイト」

バスフィッシングにおいてスピナーベイトは周年外せないルアーで、しかもビッグバスに有効とされています。
しかし、琵琶湖のウイードエリアに潜むビッグバスは、フィッシングプレッシャーに晒され続け、簡単には巡り会えません。

そんな、琵琶湖のビッグバスに日々挑み続ける大西健太さんが欲したのが、スピナーベイト「ジャングルウォーカー」。

ジャングルウォーカー
琵琶湖プロガイドの大西健太さん

「ジャングルウォーカー」の最大の特徴は、アピール力と食わせる力という、相反する要素をバランスよく融合した点。

大きめブレードの水押しとシルエットでアピールしながらも、動きはハイプレッシャーに強い細身で回転角の狭いタイトなバイブレーション。

そして、障害物回避性能をさらに高めることで、アピール力と食わせる力が、より一層向上しました。

ジャングルウォーカー
ヘッド形状

先端が細く絞り込まれたV字キール形状に、キールの左右に水を受ける面(傾斜平面)、後方は幅広で底面はフラットに近い低重心という、特徴的なヘッドが、カバーへのヒットやハングオフを高次元でこなし、ビッグバスに口を使わせます。

関連動画

ジャングルウォーカー

ブレードは、細身かつ、ほどよい厚みのオリジナル設計ウィローリーフブレード。

ジャングルウォーカー

ワイヤーには、太めの1mmステンレスを採用し、アッパーワームをやや短めに、ロワーアームとの角度を狭めた設計です。

ジャングルウォーカー

フックは、ビッグバス対応のワイドゲイプ&ヘビーワイヤー仕様。カバー周りでのストロングな使い方にも安心です。

ジャングルウォーカー

「ジャングルウォーカー」は、5/8ozダブルウィローリーフと、3/4ozダブルウィローリーフの2アイテム。

価格は5/8ozダブルウィローリーフが1600円、3/4ozダブルウィローリーフが1650円。

カラーラインナップは全8色となっています。

ジャングルウォーカー
ブラック・ブルー(F/R:ゴールド)
ジャングルウォーカー
ブルーギル(F/R:ガンメタ)
ジャングルウォーカー
ハス(F/R:シルバー)
ジャングルウォーカー
アユ(F/R:ゴールド)
ジャングルウォーカー
ネオンシャッド(F/R:マットシルバー)
ジャングルウォーカー
チャートシャッド(F/R:チャートシルバー)
ジャングルウォーカー
コットンキャンディ(F/R:シルバーピンク)
ジャングルウォーカー
グロスホワイト(F/R:表シルバー、裏パープルパール)
ジャングルウォーカー
ライムチャート(F/R:ゴールド)
ジャングルウォーカー
ライムマジック(F:シルバー/R:ゴールド)

ウイードジャングルの琵琶湖で、ビッグバスを獲るためのスピナーベイト。
バイトチャンスをものにして、価値ある1尾をキャッチしてください。

詳細は、エバーグリーンインターナショナル公式ホームページまで。

関連記事

釣具のプロショップ「リップラップ」創業の想い語る。代表の岩嵜氏が出演、富士工業のラジオ番組「OUTDOOR&FISHING」

フィッシング遊で「こども新聞 釣り教室」開催!釣りタレントの萩原香さんも先生役でサポート

幅広く使える!「がまかつ たもの柄ST2」ワンピースと振出の2種がラインナップ【がまかつ】

【アルファタックル】「tsurimo」海釣りを始めてみたいファミリー入門セット

【エバーグリーンブース情報!】「フィッシングショーOSAKA」で新製品体感、プロスタッフのセミナーや講座も開催

1m以上のアカメが出現!?キャスティングが高知県須崎市でアカメ釣りツアー開催。釣りバカシティプロジェクトに賛同

【ダイワ】「2020 NEW STYLE COLLECTION」1月8日大阪ハービスホールで開催、抽選で300名無料招待

【マルキユー】「磯マダイホワイトⅡ」視覚・嗅覚を刺激する海釣り用配合エサ