「ダイワ×サンライン エギングフェスティバル2019in周防大島」314名が参加したコラボイベント大盛況

ニュース
 「ダイワ×サンライン・エギングフェスティバル2019in周防大島」 の参加者集合写真
「ダイワ×サンライン・エギングフェスティバル2019in周防大島」 の参加者集合写真。7歳から77歳までの314名が参加した

昨年に引き続き2回目の開催。豪華なゲストと多数の参加者で大盛り上がり

 10月20日(日)に山口県周防大島町椋野漁港にて「ダイワ×サンライン・エギングフェスティバル2019in周防大島」が開催されました。

 ダイワさんとのコラボ大会で、昨年に引き続き2回目の開催になります。スペシャルゲストのヤマラッピこと山田ヒロヒトさん、たまちゃんこと野村珠弥さん、みっぴこと秋丸美帆さんを迎え、釣り大会だけでなく様々なイベントを開催。老若男女どなたでも楽しめる内容になっています。

 今大会には7歳から77歳までの合計157組314名の方に参加いただき、山口県でも最大クラスのフィッシングイベントになりました。

早朝(深夜)の受付の様子
早朝(深夜)の受付の様子

 早朝(深夜)から多くの選手が受付に並ばれる中、4時からスペシャルゲストのみっぴの挨拶で受付を開始しました。受付を終えた選手から競技スタートで各自ポイントへ向かって行きました。
 10―12時半が検量受付時間で、参加者のみなさんは釣ったアオリイカを持ち込まれていました。競技はペアで2ハイのイカを持ち込み、その重量を競います。今大会は天候にも恵まれ、全体的に昨年よりサイズも数もよかった状況でした。全部で86組の検量がありました。

検量の様子。昨年と比較して釣果もよく、続々とアオリイカが持ち込まれた
検量の様子。昨年と比較して釣果もよく、続々とアオリイカが持ち込まれた

 検量を終えた選手から様々なイベントに参加していただきました。スペシャルゲストのサイン会や撮影会では、普段テレビや雑誌などでしか見られないゲストの方の貴重な交流の機会に。その他、お楽しみガチャポン大会やダイワタックルの試投会なども行いました。

スペシャルゲストのサイン会。山田ヒロヒトさんがファンにサイン
スペシャルゲスト3人のトークショーも大盛り上がり
スペシャルゲスト3人のトークショーも大盛り上がり

 表彰式では、大会主催者としてとしてグローブライド(株)福岡営業所の今坂所長と、(株)サンライン西日本支店の加藤支店長が挨拶を行いました。また、上位入賞者には大会主催者よりトロフィー、賞状、景品が贈られました。

大会主催者より入賞者にトロフィー等が贈られた
大会主催者より入賞者にトロフィー等が贈られた
今大会の上位入賞者
今大会の上位入賞者

 優勝は中村拓樹・藤村章平ペアで2ハイで1014gを持ち込みました。
 表彰式後はお楽しみ抽選会とじゃんけん大会。そして最後には、昨年好評だった餅まきを行いました。山口県の定番行事であり、今日一番の大変な盛り上がりでした。

山口の定番行事である餅まきも行われ、大盛り上がりとなった

 事故も無く大成功に終わり、非常に楽しいイベントとなりました。多くのご参加ありがとうございました。来年もご参加お持ちしています。
【報告:サンライン 編集:釣具新聞】

関連記事 →  https://tsurigu-np.jp/news/455/

関連記事

【キザクラ】「ウキ釣り速攻セット 五目棒ウキ(鉛タイプ)」初めての堤防釣りにオススメ

【デプス】「カバースキャット」飛距離抜群の高比重ワーム

【マルキユー】「巨鯉Ⅱ」集魚力が高い吸い込み釣り用エサ

【プロックス】「ビセオ フィッシュメジャースリム/ワイド」120cmまで計測可能のメジャー

【シマノ】「ミッドゲーム CI4+」多彩なシーンに対応するオールラウンダー竿

「吉見製作所」形状記憶合金のプロ集団、坂社長に聞く

【サンライン】「ベーシックFC」あらゆる釣りに対応するフロロカーボンライン

【バレーヒル】タングステンラトル採用「LV 500GP TG」