【竹村勝則・釣り記者の回顧録】竹の六角投げ釣り竿

ニュース

ベテラン釣り記者の竹村勝則(たけむらかつのり)氏が「昔と今の釣り」について思うままに語る、「釣り記者の回顧録」

第1回では、昔のフナ釣りとその変遷について語ってもらった。
関連記事 → 【竹村勝則・釣り記者の回顧録】フナに始まりフナに終わる?

第2回では、現代のグラスロッドやカーボンロッドができる以前の投げ釣り用の竿の話をしてもらった。

竹竿で遠投の練習。投げ釣りで狙うのは当時はよく釣れた「ガッチョ」

グラスロッドやカーボンロッドができる以前に使われていた竹竿
グラスロッドやカーボンロッドができる以前に使われていた竹竿

グラスロッドやカーボンロッドが出来るまでは、投げ釣り用の竿は竹でした。

竹と言ってもヘラ竿のような作りではなく、竹を削って六角に張り合わせたもので、竿は重いが丈夫なものでした。

竹竿をアップした写真
重いが丈夫な六角竿

継ぎ目の歌口は金属製で、2本、3本継ぎの投げ竿でした。竹はしなりと反発力があり、当時は重宝していました。

しかし、今のカーボンロッドほど遠投できませんでした。道糸も今のようなPEラインがなく、ナイロンだったから細糸が使えず無理はありません。

竹竿の穂先のガイド部分の写真
穂先のガイド
竹竿のガイドやバッド部分の写真
ガイドやバット部も今とは大きく異なる。それでも70m以上は飛ばせた

それでも何とか遠投力を付けようと、広い川原へ出掛けては投てき練習をしたものです。

昭和の中期は遠くへ出掛けなくとも、大阪湾で魚がよく釣れました。

投げ釣りでは、ガッチョ、キス、カレイ、アブラメ、ベラなどがシーズンに入れば結構よく釣れたものです。

当時は電車釣行が普通だったので、釣行前日の夕方に、釣具店でエサのイシゴカイを買っておいて、翌日早起きして1番電車に乗る。

投げ釣りによく出掛けたのは、南海電車で行く大阪湾の泉州沿岸。難波駅発の1、2番電車は「魚釣り電車」と言われるほど、竿とクーラーにリュックスタイルの釣り人が多く乗っていました。

夏から秋によく釣りに行ったのは尾崎周辺で、沖向きの波止から投げ釣りをしました。

3mほどの竹の六角竿だから、今のカーボンロッドのように遠投はできませんでしたが、練習のおかげで、70~80mは投げることができました。

投げ釣りは何十m先から竿先にコンコンとアタリがくると胸がトキメク。大きくアワせてリールを巻くと、竿のしなり具合と手応えで、釣れているのは1尾か、2尾かが予想でき、それが的中すると嬉しかったものです。

尾崎の波止でよく釣れたのはキスより、泉州名物⁉の「ガッチョ」。この魚はヌメリゴチとも言われるぐらいヌメリがあり、2本の角のようなものがあるので、針外しはやっかいだが、魚体は白身で美味。煮付けてよし、天ぷらにしてもよしで、十分なオカズになった。

そんな「ガッチョ」が釣行毎に50尾も60尾も釣れたのだから面白かった。

でも今は、あれだけ居た「ガッチョ」が大変少なくなった。今は「ガッチョ」を専門に狙う人はほとんど居ないだろうが、たとえ釣れても小さく、もう昔の面影はない。

(了)

竹村勝則氏のプロフィール

竹村勝則氏の写真
今も編集部の中で毎年トップクラスに日焼けしている竹村さん。現役バリバリの釣り記者だ

竹村勝則(たけむらかつのり)
昭和16年12月生まれ。
月刊雑誌「釣の友」(釣の友社)編集長を経て、週刊「釣場速報」の編集長(名光通信社)等を歴任。
釣りの記者歴だけでも軽く50年を超え、今でも釣行回数は年間120日以上!
国内で最も古い時代から活躍する釣り記者の1人だ。

関連記事

違反者は船舶免許停止も!ライフジャケットの着用義務拡大と違反点数について詳細解説【国交省・水産庁を取材】

【バリバス】「ロックオン フロロカーボン」見えるマーキングシステムでラインの動きが分かり易い!

日本釣振興会が塩竈市を表敬訪問。松島湾のハゼは宮城のソウルフード。釣りを通して地域活性化目指す

【ダイワ】「T.D.バイブレーション 82S」スローロールに対応したバイブレーション

【ゴールデンミーン】「GM FT(フリーズテック)」シリーズ、汗と風で驚異の冷感が持続する

【日本釣振興会大阪府支部】「ファミリー海釣り大会2021」海釣り体験教室や釣り場の清掃も

【オーナーばり】「投技(なげわざ)ジグ」に新色登場!パニックベイトを想起させるカラーが特徴

「放課後ていぼう日誌」展が2020年9月19日(土)-10月11日(日)まで大阪・名古屋・仙台の各会場で開催決定!