東京湾にカサゴ稚魚2万5000尾放流。日本釣振興会東京都支部・東京湾遊漁船業協同共催

ニュース
若洲で行われたカサゴ稚魚放流の様子
稚魚放流の様子。若洲にもカサゴの稚魚が放流された。後ろに東京ゲートブリッジが見える
中学生による東京湾で行われたカサゴ稚魚放流の様子
羽田の放流海域には1万5000尾が放流。地元の中学生にも手伝ってもらった

地元中学生も参加。羽田沖、若洲等でカサゴ稚魚(7㎝前後)を放流

 9月3日(火)、(公財)日本釣振興会東京都支部(常見支部長)と東京湾遊漁船業協同組合の共催により東京湾への「カサゴ稚魚放流」が実施された。

 東京湾遊漁船業協同組合では、羽田沖造成浅場水域に50カ所以上の漁礁を設け、ここを中心に水生生物の維持増殖を目的にカサゴのほか、メバルやクロソイなどの稚魚放流も長年実施している。この東京湾への稚魚放流は、平成14年から本格的に開始されている。

 東京湾遊漁船業協同組合の飯島理事長(日本釣振興会東京都支部副支部長・まる八店主)は、放流したカサゴの生存率を高めようと研究と努力を続け、数年前から放流時期を7月から9月にずらし、より成長した大きなカサゴ稚魚(今年は平均体長6―7cm)を厳選し、放流することにも気を配っている。

 毎年、日本釣振興会や東京湾遊漁船業協同組合の関係者以外に、地元の中学校の学生も参加してもらい、放流が実施されている。

中学生によるバケツリレー
放流船へは中学生によるバケツリレーで稚魚が運搬される
1 / 2
次へ

関連記事

【大阪湾クリーン作戦】大阪の人気釣り場3カ所を一斉清掃。ゴミは必ず持ち帰ろう!

【テイルウォーク】「JIGFORCE SSD」誰にでも操作しやすいバーサタイルジギングロッド

【マルキユー】「ニューチヌパワーダッシュ」進化した粒の威力!チヌパワーダッシュの進化版

「インフィニティドライブ」搭載でさらなる進化!「オシアコンクエスト」【シマノ新製品】

今後の法改正、どう対応する?労働基準法・電子帳簿保存法・インボイス制度の3つに着目!

【ベイシックジャパン】「ジグ単(Jig Tan)」1.5gのジグヘッドが装着済みで、ライトゲーム初心者にもオススメ!

【コヒナタ】「ギョギョプリント総柄ハット」可愛い魚類の絵柄がプリントされた帽子

全11機種で船ライトゲームをさらに楽しくする、新しくなった「リーディング LG」