約180㎏のゴミを回収!大阪の泉佐野漁港で水中清掃を実施。ダイバーが潜って海底を綺麗に

ニュース
日本釣振興会大阪府支部の泉佐野漁港での水中清掃の様子
    

5月18日、公益財団法人日本釣振興会大阪府支部は、大阪南部の泉佐野漁港で水中清掃を行った。

協力は、泉佐野漁業協同組合、NPO法人海未来、大阪釣具協同組合、JOFI大阪。

日本釣振興会による泉佐野漁港での水中清掃は10年以上ぶりで、今回は、泉佐野漁協の要望に応える形で水中清掃が行われた。


当日は天気もよく、活動の参加者は朝10時に泉佐野漁港に集合。ダイバーが14名、陸上でダイバーをサポートするスタッフが26名、監視船・搬送船の乗員1名の計41名が集まった。

日本釣振興会大阪府支部の泉佐野漁港での水中清掃の朝礼の様子
朝礼の様子。40名ほどが朝から漁港に集まった

清掃前の朝礼では、日本釣振興会大阪府支部の橋本支部長から以下要旨の挨拶が行われた。

日本釣振興会大阪府支部の橋本支部長
日本釣振興会大阪府支部の橋本支部長

「本日はお集まりいただきありがとうございます。日本釣振興会では、水辺環境の美化・保全の一環として、水中及び陸上の清掃を行っております。今回は、ボランティアダイバーの方々に参加して頂き、各団体の協力のもと活動が行われます。みなさん無理のないように、安全に配慮して作業を行ってください」。

その後、水中清掃の範囲や役割分担が説明され、ダイバーは潜水の準備に入った。

ダイバーの準備の様子
ダイバーの準備の様子

ダイバーの準備を待っている間、陸上スタッフには清掃手順が説明され、その後、漁港内の陸上清掃を行った。30分と短時間ではあったが広範囲の清掃を行い、タバコの吸い殻や、草むらに投棄された大型のゴミなどを回収していった。

説明を受けている様子
清掃の手順を説明。陸上スタッフはダイバーのサポート役に回る
陸上清掃の様子
陸上清掃の様子。タバコの吸い殻が多かった

いよいよ水中清掃開始!ダイバーと陸上班が協力して大量のゴミを回収

ダイバーの準備が終わると、潜水を開始。ダイビング中は監視船も出され、安全に配慮されて清掃が進められた。

海に入ったダイバー
いよいよダイバーが潜水開始!

水中清掃は、ダイバーが水中でゴミを拾い、ミカン袋に入れる。ミカン袋がいっぱいになると、陸上のスタッフに合図をする。陸上のスタッフはカラビナの付いたロープをダイバーの周辺に投げ入れ、そのロープを使ってゴミが溜まったミカン袋を引き上げる。引き上げた袋の代わりに陸上班は新しいミカン袋をダイバーに渡すという手順で行われた。

この日の水温は18度で、水深2~3m。海中は穏やかで比較的透明度も高く潜りやすかったが、海底にヘドロが堆積しており、ゴミを回収しにくい状態だった。

日本釣振興会大阪府支部の泉佐野漁港での水中清掃の様子
ミカン袋に入れられたゴミを引き上げる陸上スタッフ
日本釣振興会大阪府支部の泉佐野漁港での水中清掃の様子
大型のゴミはそのままロープに括り付け回収
日本釣振興会大阪府支部の泉佐野漁港での水中清掃の様子
漁港内の広範囲を清掃していった

そんな中、ダイバーは懸命にゴミを回収し、大量の空き缶のほか、プラ容器、フイルム片など多くのゴミが集められた。タイヤやハシゴ、食器乾燥機などの大型のゴミも多く、陸上スタッフと協力して慎重に回収していった。総じて一般ゴミが多く、釣りのゴミはほとんど見られなかった。

回収されたゴミは一度ブルーシートの上に集められ、陸上スタッフによって分別と計測が行われた。

日本釣振興会大阪府支部の泉佐野漁港での水中清掃で集められたゴミ
ゴミの分別・計量の様子。ゴミの種類が多く、計量も一苦労だった

ゴミの総量は約180㎏。今後も府内各地で水中清掃を継続

泉佐野漁港での水中清掃は久しぶりということもあり、どの程度のゴミが回収されるか予想が出来なかったが、結果として約180㎏のゴミが回収された。

その内訳は、空き缶204個、ペットボトル10個、空き瓶6個、タイヤ3本、プラ容器17個、プラフィルム片50枚、軍手30個など、数えきれないほど多種多様なゴミが回収された。

13時前には全ての作業が終わり、解散となった。

日本釣振興会大阪府支部では、今年度も府内の各地で陸上及び水中の清掃を積極的に行っていく。

日本釣振興会大阪府支部の泉佐野漁港での水中清掃の参加者
活動の参加者。計41名が参加した

関連記事
「大阪湾クリーン作戦」約500㎏のゴミを回収!103名で府内の釣り場を一斉清掃。ぶんちゃんこと石川文菜さんも参加
新舞子マリンパークで釣り教室開催。水中清掃や稚魚放流も実施、約100人参加し賑やかなイベントに!【愛知県】

関連記事

「家族で楽しむアウトドア!」太田川でハゼ釣りに挑戦。スタッフが初心者をサポート。実釣前にはキャスト練習も

河原に響く子ども達の大歓声!「多摩川フィッシングフェスティバル2023in青梅」。気軽に出来る釣りで自然に親しむ

【釣りフェス2022】出展社一覧を紹介。約90の企業・団体が出展、釣りフェスを盛り上げる!

「クリーンアップとくしま」開催。ポイントスタッフが釣り人を募り清掃活動。皆で協力し、綺麗な釣り場に

タナが把握しやすいマーキングを採用。あらゆるフィールドに対応する専用ライン「アイスライン ワカサギ(ナイロン)」

日本釣振興会「水辺感謝の日」東京・若洲の海釣り施設周辺を清掃。台風のゴミ多数

【明邦化学工業】「リバーシブルL-86」省スペースに効率よく収納!水抜きダクト付きで丸洗いもOK

釣り人のための通年着まわせる高機能レイヤードジャケット「ゴアテックス アングラーズシェル ジャケット」