【大阪湾クリーン作戦】北港と南港の釣り場を関係者らで一斉清掃。ゴミは持ち帰りましょう!

ニュース
かもめ大橋周辺の清掃の様子
かもめ大橋周辺の清掃の様子。大勢の釣り関係者で一斉に清掃を行った

南港のかもめ大橋周辺、北港舞洲の常吉大橋周辺、夢舞大橋周辺の3カ所を釣り関係者85名で一斉清掃!

 6月7日、今年も「大阪湾クリーン作戦」が大阪南港と北港の2カ所の合計3カ所で開催された。

 この大阪湾の釣り場清掃活動は、2016年までは大阪府釣り団体協議会主催で行われていたが、2017年より(公財)日本釣振興会大阪府支部と共催で実施されている。

 清掃を行ったのは、南港のかもめ大橋周辺、北港舞洲の常吉大橋周辺、北港舞洲の夢舞大橋周辺の3カ所で、いずれも近隣の釣り人を中心に賑わう人気の釣り場だ。清掃当日も多くの釣り人やファミリーが釣りを楽しんでいた。

 今回清掃に参加したのは、大阪府釣り団体協議会、(公財)日本釣振興会大阪府支部、大阪釣具協同組合JOFI大阪、フィッシングエイト、Tポート、伊勢吉、ブンブン高井田店、上島釣具店、一般の釣り人2名を含め合計85名となった。

かもめ大橋周辺の清掃の様子
かもめ大橋周辺の清掃の様子

コロナ対策も行いながら清掃を実施。例年よりゴミの量が多い…

 参加者は全員、午前8時半に南港かもめ大橋周辺に集合。最初に(公財)日釣振大阪府支部の橋本支部長、大阪府釣り団体協議会の倉田会長から挨拶が行われた。

 その後、事務局より当日の清掃についての注意事項や説明が行われた後、参加者は3つのグループに分かれ、北港方面の担当者は移動を行った。

 今回は、トングや軍手等の通常の清掃道具以外に、新型コロナウイルス対策として、参加者全員にソーシャルディスタンスの確保が依頼された他、集合場所には手洗い用の水とハンドソープ、アルコール除菌液等も用意された。

かもめ大橋周辺の清掃の様子
ゴミが固めて捨てられている場所も、大人数で一斉に清掃を行いキレイにした

 それぞれの場所で清掃が開始されたが、いずれの場所もゴミの量が例年と比べて多かった。

 かもめ大橋では堤防のコーナーにゴミが固めて放置されていたり、スリットの部分にゴミが挟まっていた他、ゴミが大量に放置されている場所もあった。こういった場所を、例年より時間を掛けて清掃した。

かもめ大橋周辺の清掃の様子
堤防のスリットにもペットボトルや空き缶など多くのゴミが挟まっており、それらを取り除いた

ゴミが固めて放置されている場所も。参加者が協力し手作業で全てのゴミを回収、元のキレイな状態に戻す

 夢舞大橋周辺も釣り場や駐車場周辺にもゴミが多かった。ゴミの山になっている場所もあったが、複数のスタッフが懸命に清掃を行い、ゴミのない元の状態に戻した。

夢舞大橋周辺の清掃の様子
夢舞大橋周辺ではゴミが固めて放置されていた。それを手作業で多くの参加者が協力してゴミのない状態に戻した
夢舞大橋周辺の清掃の様子
夢舞大橋周辺の道路際も清掃

 常吉大橋周辺も、ガードレール沿いや草むらに、コンビニ等のビニール袋にゴミが入ったまま捨てられている事が多く、清掃を行いキレイになった。

常吉大橋周辺の清掃の様子
常吉大橋周辺の清掃の様子

釣り人以外のゴミも多いと思われるが、例年以上のゴミの量。3カ所で合計1150㎏のゴミを回収

 いずれの場所もゴミが非常に多かった。釣り人のゴミと思われるものもあるが、生活ゴミや不法投棄と思われるゴミも多く見受けられた。

 回収したゴミの量は3カ所ともに昨年より多く、合計で約1150㎏のゴミを回収した。今回清掃した3つの場所は全てゴミ問題や駐車問題でトラブルがある場所だ。今後も釣り場として存続していくためには、ゴミ問題は解決していく必要がある。

集められたゴミ
かもめ大橋周辺で集められたゴミの一部

 今後も(公財)日釣振や大阪府釣り団体協議会等は水辺の清掃活動を行っていく。

関連記事

【アルファタックル】「アルファソニック・カワハギ165Hハードノッカー」極小アタリも捉えるカワハギ竿

【大阪漁具】「お魚観察サビキセット 」釣った魚が見える

【第3回】アユルアーで新たな友釣りファン作り。釣り場次第で新たなゲームフィッシングも誕生か!?

【エスパック】無臭化スプレー「釣り臭シュークリア」

【デプス】「サーキットバイブ」極薄メタルバイブレーション

【がまかつ】「ライブウェルバケット ハード」ロッドホルダーを装備した活かし水汲みバケツ

【ルミカ】「光略カスタムシンカー」音と光で魅せる船用オモリ

【大藤つり具】本社を移転、大阪市大正区に新社屋。卸機能が格段に向上