【淡水魚はなぜ減った?】日本釣振興会環境委員会のシンポジウム開催。各界の有識者が登壇。参加費無料

ニュース

1月19日(金)、パシフィコ横浜・アネックスホール2Fで、公益財団法人日本釣振興会環境委員会主催のシンポジウム「淡水魚はなぜ減った?」が開催される。

当日は、パシフィコ横浜で「釣りフェスティバル 2024 in Yokohama」が開催されている。釣り関係者も多数の参加が見込まれている。

日本釣振興会環境委員会では、2022年度より淡水魚、とりわけ雑魚と呼ばれるオイカワ、ウグイ、モロコ、タナゴ、フナなどの資源の変動について調査・研究を行っている。

今回のシンポジウムでは、それらの調査・研究報告を各界の有識者が行い、現状把握と淡水魚釣りの未来を考えるために開催される。

日本釣振興会環境委員会シンポジウムの様子
2019年に開催された環境委員会シンポジウムの様子

シンポジウムの詳細は下記の通り。

・日時:2024年1月19日(金)13:00~15:30
・会場:パシフィコ横浜アネックスホール2F・ F201(神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1-1)
・定員:100名(先着順)
・参加費:無料

プログラムは下記の通り(敬称略)。

1・開催挨拶:公益財団法人日本釣振興会環境委員会 委員長 鈴木康友
2・話題提供:山口大学国際総合科学部 講師 杉野弘明
3・講演1:国立研究開発法人水産研究・教育機構 水産技術研究所 主任研究員 坪井潤一
4・講演2:埼玉県環境科学国際センター 研究推進室 水環境担当部長 木持謙
5・講演3:東京大学大学院 新領域創成科学研究科 教授 山室真澄
6・質疑応答・まとめ

申し込みは下記URL(日本釣振興会公式ホームページ)から申し込みを。

https://www.jsafishing.or.jp/symposium2024

セミナーに関する問い合わせ先は日本釣振興会まで。

関連記事

タチウオテンヤにフィットしやすい!「コノシロ漁師切り」。エサ持ちも良く、手返し抜群【浜市】

「川の国」応援!びん沼川で「水辺感謝の日」清掃。1.5㎞の広範囲を84名で実施

盗まれた自分の釣り具がフリマアプリ・ネットオークションで販売。犯人を逮捕できる?損害賠償は可能?【弁護士に聞く】

船上で簡単にアシストフックが作れる「Swifter(スイフター)」新サイズ#3/0も追加【ヴァンフック】

【オーナーばり】「ファイアツイン」対応ウエイト表示で初心者でも迷わずフックを選べる!

釣り人なら知っておきたい!「魚がいる水深=タナ」ではない!?釣果アップの秘訣「魚のタナ」について解説

鴨川で鮎ルアーを体験しませんか?体験会参加者募集中!全員に「REAYU」プレゼント。「リスケード」も試せる!【カツイチ】

【シマノ】「ポイズングロリアス」真の“闘うロッド”を追った第三世代グロリアス