【淡水魚はなぜ減った?】日本釣振興会環境委員会のシンポジウム開催。各界の有識者が登壇。参加費無料

ニュース

1月19日(金)、パシフィコ横浜・アネックスホール2Fで、公益財団法人日本釣振興会環境委員会主催のシンポジウム「淡水魚はなぜ減った?」が開催される。

当日は、パシフィコ横浜で「釣りフェスティバル 2024 in Yokohama」が開催されている。釣り関係者も多数の参加が見込まれている。

日本釣振興会環境委員会では、2022年度より淡水魚、とりわけ雑魚と呼ばれるオイカワ、ウグイ、モロコ、タナゴ、フナなどの資源の変動について調査・研究を行っている。

今回のシンポジウムでは、それらの調査・研究報告を各界の有識者が行い、現状把握と淡水魚釣りの未来を考えるために開催される。

日本釣振興会環境委員会シンポジウムの様子
2019年に開催された環境委員会シンポジウムの様子

シンポジウムの詳細は下記の通り。

・日時:2024年1月19日(金)13:00~15:30
・会場:パシフィコ横浜アネックスホール2F・ F201(神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1-1)
・定員:100名(先着順)
・参加費:無料

プログラムは下記の通り(敬称略)。

1・開催挨拶:公益財団法人日本釣振興会環境委員会 委員長 鈴木康友
2・話題提供:山口大学国際総合科学部 講師 杉野弘明
3・講演1:国立研究開発法人水産研究・教育機構 水産技術研究所 主任研究員 坪井潤一
4・講演2:埼玉県環境科学国際センター 研究推進室 水環境担当部長 木持謙
5・講演3:東京大学大学院 新領域創成科学研究科 教授 山室真澄
6・質疑応答・まとめ

申し込みは下記URL(日本釣振興会公式ホームページ)から申し込みを。

https://www.jsafishing.or.jp/symposium2024

セミナーに関する問い合わせ先は日本釣振興会まで。

関連記事

釣り方自由!ファミリー・初心者も大歓迎の「第3回城ヶ島釣り大会 上州屋&SUNLINEカップ」開催

【中止決定】「2022みんなで遊ぼうフィッシング祭りinしらこばと」。3年連続の中止

異常な「安売り」をする釣具店、法的に問題はないの?【弁護士に聞く】

【アルファタックル】「アルファソニック・カワハギ165Hハードノッカー」極小アタリも捉えるカワハギ竿

自分で釣った魚介類を飲食店に売る。法的に問題はある?ない?【弁護士に聞く】

初日から爆釣!長良川に「アングラーズフィッシングパークナガラ」がオープン。ジークラックが運営するニジマス管理釣り場

パワハラ防止措置の義務化開始。企業が取るべき具体的な対策は?

人類最古の漁法!?「石干見(いしひび)漁」を淀川河口で体験。干潟の重要性を伝える