「お魚さん、いってらっしゃい!」園児達がキジハタ3000尾を放流。5㎝サイズの小さな稚魚に興味津々

ニュース
日本釣振興会山口県支部のキジハタ放流の集合写真

公益財団法人日本釣振興会山口県支部では、10月17日、光市の室積港にてキジハタの放流を行った。

協力は下松市栽培漁業センター、学校法人信望愛学園マリア幼稚園、山口県漁業協同組合光支店。

当日は、雲1つない晴天で、海も穏やかな中、幼稚園児12名を含む23名で活動が行われた。

放流前には 下松市栽培漁業センターよりキジハタの生態について説明が行われ、園児も興味津々な様子で稚魚を観察していた。

日本釣振興会山口県支部のキジハタ放流の説明の様子
整列してお兄さんの説明を聞く園児達
日本釣振興会山口県支部のキジハタ放流で稚魚を観察する園児達
キジハタの稚魚に興味津々!

説明が終わると、バケツから放流を実施。5㎝程度のキジハタの稚魚3000尾が、大海原へと旅立った。

日本釣振興会山口県支部のキジハタ放流の様子
お魚さん、いってらっしゃい!

【提供:日本釣振興会山口県支部・編集:釣具新聞】

関連記事

上州屋圏央道厚木インター店オープン!圏央道厚木ICすぐそば。週末は便利なオールナイト営業!

金高由佳さんが第15代アングラーズアイドルに決定!【写真も多数掲載】「ジギングと飲ませにハマってます!」

【マリンスイーパー】水中に残された釣り具を回収しリメイク・販売。「海の掃除屋」土井佑太さんにインタビュー!

釣りタレント・高本采実さんが釣り人集め、清掃活動。ずっと釣りが続けられるように!【日本全国爆釣プロジェクト】

【シントワ】「フラッシュグロー」新発想のペインティングルアー

埼玉県内の釣り場に約8万3000尾のギンブナを放流!次世代まで長く釣りが楽しめるように、魚を増やす活動を継続

パワハラ防止措置の義務化開始。企業が取るべき具体的な対策は?

釣果写真を投稿して限定品がもらえる「天龍 ブリゲイド・フリップ発売記念キャンペーン」12月31日まで