トップ選手の総当たり戦!「JFT磯チヌ王座決定戦」開催。厳しい状況の中、熱戦を繰り広げる

ニュース
JFT磯チヌ王座決定戦の参加者

11月5日、6日に第5回目となる「JFT磯チヌ王座決定戦」が岡山県笠岡諸島で行われた。

主催は、釣り技術とマナー向上を目的として活動しているJFT(全日本釣り技術振興評議会)

今大会は、前年度4位までの王座選手と今年度磯チヌトーナメント上位4名の、磯チヌ部会トップ8名総当たり戦で試合が行われた。

試合結果で勝敗を決定し、勝ちポイント及び得失釣果差で順位を決定する。1試合2時間とし、時間内に釣り上げられたチヌの総重量で勝敗を競った。

当日はさかえ丸渡船の協力で、北木、白石島をメインに釣果を優先して磯選びを実施。

前月までの釣果は例年に比べるとあまり良くなく、厳しい釣果になると予想された。

しかし、チヌ部会トップ選手はしっかりと釣果を上げ、熱戦を繰り広げた。

JFT磯チヌ王座決定戦で優勝した吉田選手
優勝した吉田選手
JFT磯チヌ王座決定戦で準優勝の小松選手
準優勝の小松選手

2日間の対戦成績を集計した結果、4勝2敗1分けで吉田選手、小松選手が並んだが、直接対決を制した吉田選手が優勝。

3位から5位は、3勝2敗2分けと並んだが、得失釣果差で3位が脇選手、4位が広田選手、5位が山田選手となった。

【提供:JFT・編集:釣具新聞】

関連記事

釣具店創業の想い語る。ラジオ番組「OUTDOOR&FISHING」にプロショップ「ランカーズ」の荒井店長が出演

前売り券がお得!釣りフェスティバルチケット情報。スペシャルなフライデーゴールドチケットも!【釣りフェスティバル2024】

フィッシングショーOSAKAの入場無料券が当たる!Xでお得なキャンペーン開催中。公式SNSやサイトを要チェック

【ダイワ】「サムライ メタルバイブ」使いやすさを追求した鉄板バイブレーション

これ1本でアユイングも友釣りも!アユ釣りロッドのエントリーモデル。20㎝オーバーの良型アユにも対応【ダイワ】

【スミス】「セーフティシザース」付属のキャップに刃先を収納できて安心

【第3回】アユルアーで新たな友釣りファン作り。釣り場次第で新たなゲームフィッシングも誕生か!?

今年のクールアングラーズアワード受賞者はミキ亜生。昴生も登場し、笑いの絶えない受賞式&トークショー【釣りフェス2023】