愛知の新舞子マリンパークで3万4000尾の稚魚放流!一般の釣り人も参加し賑やかな活動

ニュース
第9回新舞子マリンパーク魚釣り施設稚魚放流の様子
              

公益財団法人日本釣振興会愛知県支部は、7月21日(金)、「第9回新舞子マリンパーク魚釣り施設稚魚放流」を開催した。

協賛は名古屋港管理組合。協力は、株式会社日誠、NPO法人中部日本潜水連盟、マリンテック株式会社。

この活動の目的は、ヒラメ・カサゴなどの稚魚放流を実施して魚族資源の増殖をはかる。魚の釣れる釣り場や釣り人を増やすための環境づくりだ。

第9回新舞子マリンパーク魚釣り施設稚魚放流の集合写真
放流の参加者で楽しく記念撮影。一般の釣り人も参加した

知多市にある新舞子マリンパークは柵がある安全な釣り場で、当日も釣りに来ていたファミリーや子供達に放流を手伝ってもらった。また、同支部が7月に豊根村で開催したルアーフィッシング教室の参加者も駆けつけ、放流に協力してもらった。

マダイ、ヒラメなど釣りの人気魚をみんなで楽しく放流!

当日は開始前に強めの雨が振り天候が心配されたが、到着時には雨も止み活動のしやすい天候となっていた。

放流魚は、マダイ約2万尾、ヒラメ約7000尾、カサゴ約2000尾、メバル約5000尾。そのうち、マダイ約1万3000尾とメバルはマリンテックより寄贈された。

第9回新舞子マリンパーク魚釣り施設稚魚放流で放流されたヒラメ
可愛いヒラメの子供達
第9回新舞子マリンパーク魚釣り施設稚魚放流で放流されたメバル
人気ターゲットのメバルも放流された
第9回新舞子マリンパーク魚釣り施設稚魚放流の様子
みんなでワイワイ放流準備。たくさんのバケツが用意された
第9回新舞子マリンパーク魚釣り施設稚魚放流の様子
子供達もライジャケを着て準備万端!

準備が終わると皆で協力してスムーズに放流を行い、計約3万4000尾の稚魚達が旅立った。

第9回新舞子マリンパーク魚釣り施設稚魚放流の様子
準備が終わると放流開始!
第9回新舞子マリンパーク魚釣り施設稚魚放流の様子
一生懸命に放流のお手伝い。「お魚さん行ってらっしゃい!」
第9回新舞子マリンパーク魚釣り施設稚魚放流の様子
元気な魚の子供達が旅立った

日本釣振興会愛知県支部は、「一般の釣り人に少しでもこのような活動に参加して頂けると、活動を行っている意義が感じられ嬉しく思います」とコメントしている。

【提供:日本釣振興会愛知県支部・編集:釣具新聞】

イベントの様子は、日本釣振興会愛知県支部の公式ホームページやYouTubeチャンネルからも確認出来る。

関連記事

【がまかつ】全国のアユ釣り名手集結!「GFG杯争奪全日本地区対抗選手権」。団体戦はかなりの接戦…結果は?

【スレた魚にはコレ!】「撃投ジグ レイドバッグ」。低刺激性&ゆらぎ系水平フォールで激戦区に効果的

「まつばらフィッシングパーク」が大阪府松原市にオープン。市民プールを活用した管理釣り場

VARIVAS(バリバス)試供品モニター募集中。新発売の「VARIVAS4」が試せるチャンス!

多点掛け専用タイラバフック「チェンジアップマルチカスタムホールド3本」で確実にマダイを獲る

昭和の時代から盛んな波止釣り。和竿1本釣りでアジを狙う【竹村勝則・釣り記者の回顧録】

【アングラーズグループ】「2020秋フォトコンテスト」開催中!釣った対象魚の写真を提出して豪華賞品をゲットしよう!

【エコギア】「エコギア熟成アクア スーパーどじょうM」特殊形状ボディのタチウオ用ワーム