【いばきたフェスティバル】金魚釣りコーナーも大人気!新しく出来たダム横に来年、大きな公園がオープン予定

ニュース
いばきたフェスティバル金魚つりブースの様子
大阪府の茨木市で行われた「ダムパークいばきたフェスティバル」に金魚釣りブースが出展された

5月27日、「ダムパークいばきたフェスティバル」が、大阪府茨木市に出来た安威川(あいがわ)ダムに隣接する大字生保地内の特設会場で行われた。主催は同実行委員会、茨木市観光協会、茨木市など。

安威川ダムは大阪府茨木市に出来た新しいダムで、現在、試験湛水(ダムの水を最高水位まで溜めて、その後最低水位まで下げる事で、ダム自体やダム湖周辺に問題がないかをテストする事)が行われている。

この安威川ダムで、釣りが出来るように釣り界の有志が以前から働き掛けを行っている。

茨木市も水上アクティビティ等様々なレジャーも含めて、ダム湖周辺地域の活性化を考えている。

安威川ダム
大阪府茨木市の安威川ダム。隣には大きな公園がオープンする

安威川ダムに隣接する公園「ダムパークいばきた」は令和6年中にオープン予定だ。オープン後の公園の姿を地域住民に想像してもらうことを目的に、工事前に公園予定地でフェスティバルが行われ、約4000人が来場した。

いばきたフェスティバルの全景
いばきたフェスティバルの様子。ファミリーを中心に多くの地域の人々が訪れていた

「チビっ子集まれ!ワクワク金魚釣り」

出展社は地元の店を中心とした野菜や料理、スイーツの提供、また体験プログラムとしてヨガや石鹸作りなど様々なブースが設けられた。

この体験プログラムの中に、「チビっ子集まれ!ワクワク金魚釣り」のブースを出展。JOFI奈良、ヒューマンフィッシングカレッジ、名光通信社などの有志が集まって運営を行った。

いばきたフェスティバル金魚つりブースの受付の様子
受付の様子。大人気で昼過ぎにはチケットが完売した

金魚釣りのコーナーは大人気だった。時間毎に定員人数分の参加チケットを販売する形で行ったが、昼前には1日分の券が売り切れ、キャンセル待ちとなっていた。最終的に約160名が参加した。

金魚釣りは小さな子供でも楽しめる。イベントにも小さな子供を連れた家族が多く来場しており、金魚を釣った子供の写真や動画をスマートフォンで楽しそうに撮影する親が多かった。

いばきたフェスティバル金魚つりブースの様子
子供を中心に約160名が参加
いばきたフェスティバル金魚つりブースの様子
小さな子供も挑戦出来る
いばきたフェスティバル金魚つりブースの列の様子
参加者には釣りの教本「すきすきフィッシング」も配られた

子供達も1人3尾前後は釣れて大はしゃぎだった。釣った金魚は持ち帰る事も、プールに戻す事も出来る。参加者は釣りを通じて、楽しい体験が出来たはずだ。

いばきたフェスティバル金魚つりブースの釣果
金魚いっぱい釣れたよ!

安威川ダムは、大阪の中心地からのアクセスも良く、環境の良い公園も出来る。日本一の吊り橋も出来る予定だ。こういった場所で、安全に釣りが楽しめるようになる事は、多くの市民にとっても喜ばれることだろう。

関連記事

【マルキユー】M-1CUP全国チヌ釣り選手権大会応募受付開始!

魚から釣り人の姿はどのように見えている?【長岡寛・お魚さんッ私のエサに食いついて!】

日本釣振興会が塩竈市を表敬訪問。松島湾のハゼは宮城のソウルフード。釣りを通して地域活性化目指す

【釣り人必見!】魚の耳はどこにある?ラトルルアーの効果は?魚の聴覚と釣果の関係性を解説

【まるふじ】「喰わせ獲り極太キツネ」大物青物・ヒラメなども狙える仕掛け

神奈川県の平塚漁港で水中清掃。釣り人のため、地球の未来のため、全国で活動を実施【LOVE BLUE事業】

【ヤマイ】「スーパーライトジギングアシストフック」海藻グリーンカラー採用

関東大震災から100年。対策は大丈夫?「緊急地震速報」を活用した訓練を!