【明石沿岸のタコ釣りルール2023】釣りに行く前に知っておこう!タコマイレージも進化

ニュース

タコ釣りのメッカである兵庫県明石市沿岸では、「タコ釣りルール」が設けられている。

明石のタコ釣りルール
2023年版のタコ釣りルール。概ね前年通りだが、若干の変更もある
明石のタコ釣りルール
タコの漁獲量の減少は深刻だ。釣り人も資源保護や回復に協力が求められている

このルールは、明石市の重要資源であるタコの漁獲量の減少を背景に、明石市にある5つの漁業協同組合で構成される明石市漁業組合連合会(以下、明石市漁連)と行政により作成された。

この「タコ釣りルール」は2016年から施行されており、釣り人側(日本釣振興会、全日本釣り団体協議会、大阪釣具協同組合など)も当初からこのルールに賛同し、協力している。

このルールは年により若干の修正が加えられながら、現在に至る。今シーズン(2023年)に関しては追加項目等はあるが大幅な変更はない。

タコ釣りルールのイメージ写真
いよいよシーズンを迎えたタコ釣りだが、ルールを守って楽しんで欲しい

「それ、密漁です」。釣り人は共同漁業区域内でタコ釣りは出来ません

そもそも、釣り人(遊漁者)は共同漁業区域内でタコ釣りをする事は禁止されている。漁業権の侵害で「密漁」となり、罰せられる事がある。

しかし、明石市漁連が取り組むタコを守り、育てる活動に賛同し、ルールを守る人に限ってタコ釣りをする事が出来るとされている。

船舶を使用したタコ釣りを行うためのルールは下記の通りとなっている。

マダコを採捕出来る期間

マダコを採捕出来る期間は海の日(2023年は7月17日)と、12月1日から5月31日まで。
※令和6年(2024年)からは12月1日から4月30日までと変更される。タコの資源回復の早期実現のため、海の日も不可、期間も1カ月短縮される事が予告されている

マダコのサイズ制限

マダコのサイズ制限としては、100g以下は採捕禁止。

マダコ釣りの制限

マダコ釣りの制限としては、1人あたり10パイまで。そして変更点として、使用するタコエギは2個までとなっている。

また、明石市沿岸のタコ釣りルールとは別に、明石市漁連の遊漁船部会が定めた自主ルールとして、タコエギやタコスッテも含めて、全周(傘型)に針が付いている仕掛けは禁止とする。針は周囲180度を超えてつけてはならない。

タコ釣りの仕掛け
タコ釣りの仕掛けの一例。写真の針のように傘型の釣り針が全周にわたってついているものは使用不可となる。またタコエギも2個までしかつけられない

このルールは、海底で根掛かり自体を減らすため、また漁網等に根掛かりして漁網を回収した場合にエギを外しやすくするためだ。明石市漁連遊漁船部会が定めている自主ルールだが、資源保護のため明石でタコ釣りをする人はぜひ守って欲しい。(※2023年5月19日、赤字の部分等で一部修正しました)

タコ釣りの仕掛け
仕掛けの一例(タコエギが2個、針は180度を超えていないので明石沿岸のタコ釣りルールや自主規制にも則っている)

ほか、釣りを楽しむ共通ルールとして5つのルールが設けられている

1・養殖施設や定置網漁具にロープ等で船舶を係留しない。近づかない
2・漁業の操業を妨げる行為はしない
3・採捕したものを販売しない
4・ゴミや釣り針等は海に捨てない
5・小さいサイズは持ち帰らない

明石市漁連では、タコ資源を守るために様々な活動を行っている。釣り人側も、しっかりとルールを守りながら、タコ釣りを楽しんで欲しい。

※このルールは明石市沿岸、最初のポスターの地図上で青色の範囲内に適用。また明石市漁連の会員漁協、播磨町、東播磨、高砂漁協の組合員は除く

タコマイレージも一部変更。ステッカーも刷新!

明石のタコ釣りの様子
今年は大きなタコを放流用に提供するとポイントも多く付与されるようになった。よく釣れた時には、ぜひ放流用に提供を

また、明石市漁連遊漁船業部会が主体となり、2022年5月よりタコの資源を保護するための取り組みの一環として「タコマイレージ」も始まっている。

関連記事 → 「タコマイレージ」始まります!釣り人もタコの資源保護に協力しよう! | 釣具新聞 | 釣具業界の業界紙 | 公式ニュースサイト (tsurigu-np.jp)

タコマイレージとは、この制度に参加している遊漁船の利用者が釣ったマダコ(100g超)を放流用に提供すると、その数に応じてポイントが付与される。

昨年はタコの数によってポイントが付与されたが、今年は重量も関係してくる。

・100g超のマダコを提供 → 1パイにつき1ポイント
・500g以上のマダコを提供 → 1パイにつき5ポイント
・1㎏以上のマダコを提供 → 1パイにつき10ポイント

ポイントを貯めると、明石市漁連遊漁船部会のオリジナルステッカーが進呈される。デザインも一新されている。

タコマイレージのステッカー
2023年度版のステッカー。左からノーマル、ブロンズ、シルバー、ゴールドとなっている

また、ポイントに応じたサービス特典は順次拡大されている。地元の飲食業等と協力した取り組みも検討されている。

ちなみに、昨年度のタコマイレージの協力者はのべ2655名、放流用に集まったタコは7513ハイとなった。

明石市漁連遊漁船部会では「これからもタコ釣りがずっと楽しめるよう、皆さんの参加をお待ちしています」としている。

釣り人側も、資源保護に協力しながらタコ釣りを楽しんでいきたい。

タコマイレージの遊漁船リスト
タコマイレージを導入している遊漁船。詳しくは、各船に問い合わせを

関連記事

「サンラインカップ磯」串本大会参加者募集中!グレ5尾の総重量で勝負。そらなさゆりさんもMCとして登場

「全国サクラマスサミット2022in米代川」持続可能な資源の利活用を探るフォーラム。YouTubeからも参加可能!

「2021アングラー河川清掃in大江川・中江川(海津市)」有名アングラーも参加。ブースイベントや抽選会も!

ポイントに応じて3段階の長さ調整が可能。金属トップ採用で感度と操作性に優れる「がま渓流 マルチフレックス 春彩2」

「鮎ルアー体験会」滋賀県愛知川で近年注目の釣りスタイルを体験

「日本の釣り」を知ろう!道具の進化、歴史・文化が分かる動画を配信中。有名メーカーも撮影に協力

【明邦化学工業】「VS-7070N/VS-7055N」ランガンシステムボックスの新仕様が登場

爆釣レイク「河口湖」に13名の猛者が集結!熱戦の「全釣り協わかさぎ釣りフェスタ」決勝大会