【知る・釣る・調理する・食べる】を学ぶ体験型施設「KAIKENの釣り堀」。9月10日にオープン

ニュース
KAIKENの釣り堀イメージ

9月10日(土)、食と学びをテーマに釣りが楽しめる体験型施設「KAIKENの釣り堀」が、マリンピア神戸内の水産体験学習館「さかなの学校」にオープンする。

KAIKENの釣り堀は、「海が好き!」、「魚が大好き!」、「釣りをやりたい!」、「魚料理にチャレンジしたい!」といった人にオススメの体験型教育施設。

ルールやマナーを守りコミュニケーションを取りながら、「知る」、「釣る」、「調理する」、「食べる」を楽しむことが出来る。

また、 ここでの経験を通じて、 海や川へ釣りに出かけたり、 スーパーで魚を買って自宅での調理にトライするキッカケづくりを目的としている。

釣り堀利用の流れ

①釣る
「アジ・サバ」水槽、 もしくは「未利用魚・低利用魚」水槽のどちらかを選ぶ。仕掛けがセットされた釣り竿と、 エサ・バケツをスタッフから受け取り、釣りにチャレンジ。 慣れない人は、 モニター(水槽Live)を見ながら釣りができる

※「未利用魚」と「低利用魚」とは
大きさが不揃い、 漁獲量が安定しない、 調理に手間がかかるなどの理由で市場に出回らない魚を「未利用魚」や「低利用魚」という。 KAIKENの釣り堀ではそれらを提携している漁協や漁師から仕入れている

② 調理する
スタッフが活け締めしてウロコと内臓を取るので、実際に捌いてみよう

③ 食べる
スタッフが魚をソテー。 美味しく「いただきます」しよう

KAIKENの釣り堀イメージ

釣り堀のほかにも、 水中ドローンを操作し、 斃死(へいし)した魚の回収や水槽の掃除、 素敵なグッズを獲得出来る「水中ドローン体験」や、水槽の中の様子をリアルタイムで見ることができる「ライブ映像モニタリングシステム」といったアクティビティも楽しめる。

KAIKENの釣り堀概要

手軽で気軽な釣り堀、「海に関心を持つ人を増やしたい」という想いから誕生

KAIKENの釣り堀イメージ

KAIKENの釣り堀は、海洋水産技術研究所(KAIKEN)が、「海に関心を持つ人を増やしたい」「 海をもっと身近に感じてほしい」という想いで、まずは「釣り」に着目してみようと設立した。

いきなり海や川に釣りにい行くのは少しハードルがあるため、 多くの人が手軽に、気楽に、手ぶらで訪れることが出来る釣り堀を作った。

「観察する」、「知る」、「獲る」、「調理する」、「食べる」ことを学び、 森・里・川・海が生み出す生態系の循環を意識しながら、 自然と共生する大切さを、楽しく遊びながら学でほしいとしている。

詳細は、KAIKENの釣り堀公式ホームページまで。

関連記事

【明邦化学工業】「VS-7090N SPカラー ブルーグレー」リフトアップシステムで下段にあるタックルの取り出しがスムーズに

【デュエル】「3DR VIBE (S) 60mm」シャロ―エリアでも使用しやすいコンパクトバイブレーション

フィッシングショーOSAKA2020、初日終了。国内外の業者で賑わう

【ダイワ】「エメラルダスイカメタルドロッパー タイプE (エギタイプ)RV」金属製スッテに反応しにくいイカにアピール

【ダイワ】「ジグキャスター」基本性能の高いショアジギング入門ロッド

【冨士灯器】ZEXUS「ZX-R30」登場。赤色LED、USB充電対応の次世代型ヘッドライト

【冨士灯器】「こだわり太刀魚仕掛けセット TYPE 5 LG」遠くのポイントでもアタリがとれる仕掛け

【速報】フィッシングマックス武庫川店オープン!ワンフロアで見やすい店内。シーバス、タコ釣りは圧巻の品揃え!