「初心者のためのへらぶな釣り教室」大盛り上がり。家族対抗の競技会も! 

ニュース
日本釣振興会近畿地区支部のヘラブナ釣り教室の様子
「初心者のためのへらぶな釣り教室」が大阪府の茨木市で開催された。参加者は家族で楽しみ、盛況なイベントとなっていた

6月26日、茨木市・新池で3年ぶりに「初心者のためのへらぶな釣り教室」が開催された。

主催は、公益財団法人日本釣振興会近畿地区支部。共催は、釣りを通して青少年の健全な育成に寄与する活動を行っているFIE推進委員会。

初心者の18家族が参加。講師も指導に奮闘!

午前9時受付、9時半からの開会式には18家族、大人22名、子供22名の参加者が集まった。

開会式では、日釣振の活動について説明された後、ヘラブナ釣りのマナー、当日行われた1尾長寸で競う競技の説明が行われた。

日本釣振興会近畿地区支部のヘラブナ釣り教室の説明の様子
初心者の18家族44名が参加した

9時45分からは決められた釣り場に移動、小グループに分かれ、担当講師による釣り方、餌の付け方の説明後、実釣を開始した。

早朝より競技会をしていた他の団体を見ると、あまり竿が曲がっていなかったので、初心者にとってはなかなか厳しい状況が予測された。

管理池では魚がいるのは当たり前で、すぐに釣れると期待している初心者が多い中、厳しい状況下で、講師の指導力と奮闘に期待が寄せられた。

日本釣振興会近畿地区支部のヘラブナ釣り教室の様子

釣りに慣れたら競技開始! 見事戦いを制したファミリーは…?

少し釣り方に慣れた10時からは、1尾長寸で競う競技会が開始された。

開始当初から順調に竿を曲げていた上里さん、夫婦で参加の大河内さんは数を釣っていたが、大型は顔を見せなかった。友人同士で参加の宮田さん、津田さんは仲良く椅子に座り、子供達と釣りを楽しんでいた。

後半に入り、上手く魚を寄せた鈴木崇太君は、連続でヘラブナを釣り上げ、Vサインで記念撮影。

谷口さん親子は初めての釣り。お父さんが釣ったヘラブナをすかさずすくう駿太君。陽夏ちゃんも加わり、満面の笑みで記念撮影を行った。

真剣な面持ちで釣りに取り組む様子や、家族でのほほえましい光景が各所で見られた。

恒例の最後の一投では、全員が一旦仕掛を上げ、一斉に仕掛けを投入。幸運にもこの一投でヘラブナを釣り上げた家族があり、最後まで大いに盛り上がった釣り教室となった。

日本釣振興会近畿地区支部のヘラブナ釣り教室の入賞者
競技会の入賞者。優勝した佐野ファミリー(中央)、準優勝の原田ファミリー(右)、3位の岡崎ファミリー(左)

閉会式では、上位3位までが発表され、優勝者には賞状とメダルが授与された。参加者全員に、賞品として協賛会社から寄せられた品物が配られた。

終了後のアンケートには、講師の丁寧な指導への感謝や、初めてでも楽しく過ごせた、子供に良い経験をさせることが出来たと言ったコメントが寄せられた。

日本釣振興会近畿地区支部のヘラブナ釣り教室の協賛
複数の企業や団体が協賛していた

毎年この時期に開催される教室なので、来年もぜひ多くの初心者に参加してもらいたい。
【提供:日釣振近畿地区支部・編集:釣具新聞】

関連記事

【ダイワ】「ソルティガ」耐久性と回転性能を追求

【ダイワ】「シーボーグ 300J」軽量コンパクト&ハイパワー小型電動リール

【ダイワ】ボックスに1枚あると超便利!快適波止タチウオテンヤSS直行パック

【ささめ針】「ショアジギングスナップ」メタルジグのアクションを良くするスナップ

【Oland】「舞匠メタル80Ⅲ」さらに軽量、回転性能がアップした落とし込み釣り用リール

【がまかつ新製品】「スペクトラ ロックトレック PFDLE902」荒磯の巨魚に挑むアングラーへ!

【シャウト!フィッシャーマンズツール】「スーパーライトアシスト」スーパーライトジギング対応細軸アシストフック

【マルキユー】「磯マダイホワイトⅡ」視覚・嗅覚を刺激する海釣り用配合エサ