【大盛り上がり!】ふくしまフィッシングフェスタ展示受注会2023開催。人気メーカー約60社がブース出展、物販も大人気!【上州屋】

ショップインフォ

9月17日(日)、「ふくしまフィッシングフェスタ展示受注会2023」が、福島県のビッグパレットふくしま多目的展示ホールにて開催された。主催者は上州屋。

当日は、開場の午前9時前から長蛇の列が出来、ワカサギファンやバスファンをはじめ、多数の釣りファンが来場。約4000人が来場する盛況ぶりだった。

ふくしまフィッシングフェスタ展示受注会2023の様子
約4000人が来場し賑やかな会場

会場には、シマノやダイワはもちろん、疾風、クリーク、VARIVASなどのワカサギ用品や、ジャッカル、メガバス、デュオなどのルアー用品、約60社がブースを出展。

2023年秋冬新製品やイチオシアイテムが所狭しと並べられた。

各ブースでは、メーカーの担当者やインストラクターによる商品の紹介や説明が行われ、来場者も大いにメーカーブースを楽しんだ。

ふくしまフィッシングフェスタ展示受注会2023の様子
多くの釣りファンでごった返すメーカーブース

物販コーナーでは、新製品ワカサギ穂先、限定穂先やオリカラ、アウトレット品など、会場でしか購入できないアイテムが多数出品され、大行列が出来ていた。

特設ステージでは、村田基氏(バス)、斎藤剛直氏(ワカサギ)、安藤隆弘氏(ワカサギ)、斎藤優作氏(ワカサギ)らが出演し、トークショーで多くのファンを魅了した。

ふくしまフィッシングフェスタ展示受注会2023の様子
ステージイベントも人気だった

また、当日はファミリーでの来場者も多く、キッズイベントコーナーにも長蛇の列が出来、メダカ釣りや射的など子供向けゲームを楽しんでいた。

なお、来年度9月にも、同会場で「ふくしまフィッシングフェスタ展示受注会2024」を開催予定だ。

【提供:上州屋・編集:釣具新聞】

関連記事

【ゴーセン】「ANSWER JIGGING PE×8」SW専用新ブランド「ANSWER(アンサー)」からジギング用PEが登場!

釣り場にも近くて便利。ソルトウォーターの充実度もスゴイ!【ポイント姫路網干店】

【ニッコー化成】「ニッコークロー 3.2inch」リアルを追求したバス用ワーム

「クールアングラーズアワード」受賞の芸人・ミキ亜生が「ラヴィット!」で釣り企画に挑戦。TVerでも見逃し配信中

大盛況!「西日本釣り博2023」。来場者数過去最大の3万4000人。九州の釣り人活性化、地域振興にも貢献

【マルキユー】「ウエストタイプラフトジャケット型式承認品MQ-08」ブラックとレッドの2色のラインナップ

左右の異なる厚みが生む2種類の波動でマダイを刺激!「桜幻 マルチゲージネクタイ」は、あらゆる状況に対応する2タイプ展開で、タイラバの世界がさらに広がる

「ICEBOX(アイスボックス)」。シマノからキャンプ仕様のクーラーボックスが登場。性能もデザイン性も抜群!