リザーバーの釣りを楽しんで!バス釣りの聖地「池原ダム」で釣り大会を開催【イチバンエイトグループ】

ショップインフォ
イッパッチオープン2022」の参加者
「イッパッチオープン2022」の参加者。18名が集まった

イチバンエイトグループでは、10月30日、バス釣り大会「イッパッチオープン2022」を開催した。

開催場所は奈良県にあるバスフィッシングの聖地「池原ダム」。参加者は12組18名。レンタルボートはホワイトリーバー協力のもと開催された。

朝の気温は5度、最高気温は20度越えと寒暖差の激しい一日。

釣果はあまり良くなく厳しい戦いとなったが、釣果があった参加者は備後筋や白川筋で魚をキャッチしていた。

イッパッチオープン2022」の釣果
厳しい中、なんとか魚をキャッチ。良い笑顔です!
イッパッチオープン2022」の釣果
イッパッチオープン2022」の釣果

ヒットルアーは以下の通り。
・ジャスターフィッシュ(GETNET) ダウンショットリグ
・沈み蟲2.2インチ(issei) ノーシンカージャーク
・DB UMA(ジャッカル) フリーリグ
・レッグワーム(ゲーリーヤマモト) ダウンショット 
・メタルクロースピン11g(イマカツ)

イッパッチオープン2022」の入賞者
大会の入賞者

大会終了後はじゃんけん大会も開催し、豪華景品をめぐって大盛り上がりとなった。

参加したスタッフは、「連日厳しい釣果が続く池原ダムですが、お客様皆さんに楽しんでいただく事が出来ました。来年以降もこのような大会を開催し、リザーバーの釣りをお客様に楽しんでもらえるように企画していこうと思います」とコメントしている。

◇協賛メーカー
ラインシステム
DSTYLE
ENGINE
バンビルビーカスタムルアーズ

【提供:イチバンエイトグループ・編集:釣具新聞】

関連記事 → 8月12日プレオープン!「アングラーズベース下北山」。池原ダム・七色ダム近くのカフェ&ストア

関連記事

自慢の釣果でチャレンジ!「アオリイカお持ち込みダービー」開催中。参加費無料で釣法自由。飛び賞もアリ!

実は万能アユルアー「リバイブ100S」。流れの速い場所や深場はもちろんトロ場でも使える

横浜市MICE次世代育成事業「魚を知ろう!魚を釣ろう!」を釣りフェスティバル会場で開催。子供と保護者で参加、水辺環境の大切さ等を学ぶ

【フィッシングショーOSAKA2022】特番2本目は1月30日に放送、新製品紹介も!

軽い巻き上げでタイラバゲームをサポートする130mmロングハンドル搭載!コンパクトながら剛性の高い専用リール「紅牙」

【バレーヒル】タングステンラトル採用「LV 500GP TG」

【ハヤブサ】「ジャックアイマキマキ」誰でも巻くだけで手軽に魚が釣れる!

【3月1日解禁】埼玉県名栗湖でトラウト釣り解禁。カヌーに乗りルアーで試し釣り実施。気になる釣果は?