【釣りフェス行く人必読!】「釣りフィスティバル」の見どころ紹介!アトラクションやイベントを楽しみつくそう

ニュース
釣りフェスティバル2024inYokohamaのロゴ
                                             

1月19日(金)~21日(日)、パシフィコ横浜にて「釣りフェスティバル2024inYokohama」が開催される。

毎年、世界に先駆け釣り具の新製品が発表される「釣りフェスティバル」。今年の釣りフェスティバルでは、過去最多となる出展社がブースを出展し、新製品やイチオシ製品を展示する。

昨年の様子はコチラ → 【釣りフェス2023結果解説】熱い釣りファンが多数来場。リアルとオンラインで釣具市場も活性

釣りフェスティバルの過去開催時の様子
釣りフェスティバル2023inYokohamaの様子

そのほか、毎年人気の釣りフェス限定品の販売や有名アングラーが多数登壇するメインステージでのトークショーなど、イベントが盛りだくさん。

コロナ禍で中止されていた「マス釣り体験」コーナーの復活や、新コーナーの「にぎわいマルシェ」なども用意され、ベテランだけでなく、家族連れも1日中楽しめるイベントとなっている。

これが釣りフェスの楽しみ方!見どころをマルっと紹介!

メーカーブース以外にも、たくさんの楽しいイベントが用意されている今年の釣りフェスティバル。ここでは、特に注目してほしいイベントをいくつか紹介。メーカーブースと併せてチェックしてほしい。

◇マス釣り体験

釣りフェスティバルの過去開催時のマス釣り体験コーナーの様子
大人気「マス釣り体験」コーナー(写真は2020年開催時の様子)

コロナ禍で中止されていた「マス釣り体験」のコーナーが復活。子供や女性を対象とした、釣り未経験でもリアルな釣りを楽しめる大人気アトラクションだ。

参加対象
中学生以下の子供、または女性(同伴者の釣りサポートは可能)

参加費

500円(持ち帰り用保冷バッグは別途200円)

体験方法

希望者に参加整理券を販売(1人1回まで)。定員に達した場合、整理券の販売を終了するため注意

整理券販売時間

1月 19 日(金)➀ 12:00 ~
1月 20 日(土)➀ 9:00 ~ ➁ 11:30 ~
1月 21 日(日)➀ 9:00 ~ ➁ 11:30 ~

◇釣りの学校

      

釣り初心者やもっと釣果を上げたいビギナーを徹底サポート。ちょい投げ教室やワカサギ釣り教室、アユイングの教室、ノット講座など、多彩な講義や授業を行う。

各プログラムへの参加希望者は、釣りフィスティバルの公式ホームページから事前申し込みが必要。定員になり次第申込みが締め切られるが、当日空きがある場合は参加が可能。

プログラムの確認・申し込みは、コチラ

◇にぎわいマルシェ

釣りや魚にまつわるアート作品やグッズを展示・販売する新コーナー。魚をモチーフにした木製彫刻や陶芸、サメの歯を使ったアクセサリー等、魅力的な「お魚グッズ」が大集合する。

出展社は以下の通り。

(出典:釣りフィスティバル公式ホームページ)

◇釣りめしスタジアム

多彩なお魚グルメが味わえるコーナー。「八戸前沖さばの串焼」、「特製 鯛塩ラーメン」、「ホッケ天丼」など、釣りフェスでしか味わうことのできないスペシャルグルメが満喫出来る。

メニューの一覧は、コチラ

釣りフェスティバルの過去開催時のつりメシスタジアムの様子
釣魚を使ったグルメが集結!(写真は2020年開催時の様子)

◇アウトドアフィールド

釣りの世界をもっと広げる「アウトドアでの楽しみ方」を提案するコーナー。スラックライン・ボルダリング体験や、テントやキャンピングカーの展示、ワークショップ等を用意。

田中ケン氏が率いるアウトドアのプロ集団「TEAM outside」プロデュースで、子供から大人まで楽しめるコーナーとなっている。

テントの展示等も行われる。アウトドア好きにはオススメのコーナーだ

メーカーブースはもちろん、それ以外にも見どころたくさんの釣りフェスティバル。釣りファンはもちろん、ぜひ初心者やファミリーも会場に足を運び、イベントを楽しんでほしい。

詳細は、釣りフェスティバル公式ホームページまで。

関連記事 → 前売り券がお得!釣りフェスティバルチケット情報。スペシャルなフライデーゴールドチケットも!【釣りフェスティバル2024】

関連記事 → 「釣りフェスティバル2024inYokohama」過去最大規模で開催!209社が出展。出展社一覧・会場マップを公開!

関連記事

【東レ・モノフィラメント】ソルトルアーの新サイトがオープン

普段は入れない「長州出島」を開放!こども釣り体験教室開催。下関市が開放検討中の釣り場、アコウの放流も実施

釣りが親子のコミュニケーション促進!「互栄門(ごえもん)会」の釣り大会。門司港の魅力もPR【九州リポート福岡発!】

豊かな釣り場を目指して!埼玉県内8カ所の釣り場で放流活動。約1万2000尾のヘラブナ・ウグイが旅立つ

広島県の深江漁港沖でクロメバル5万尾を放流!各地域の専門機関と連携、資源保護のための放流を全国で展開【LOVE BLUE事業】

【バレーヒル】「コエビシャッド」リアルな動きを演出。フィネスな釣りに最適

半夏生(はんげしょう)はタコの日に決定!?明石と大阪で「タコを釣って食べる」イベント開催

【ダイワ】動画サイト「DAIWA CHANNEL(ダイワチャンネル)」開局